短編1
  • 表示切替
  • 使い方

もしもあの時…

俺が小学校3、4年生の時の話です。

落ち着きのない俺は、授業中にもかかわらず窓の外をぼーっと眺めていました。

ふと屋上の方に目を向けると、明らかにこの世の者ではない女性が体をこちらに向けて、じーっと俺を見ている様子です。

目は長い黒髪で隠れており、俺は金縛りにあったようで視線を外すことができません。

(やばいな…)

そんなことを考えていると、後ろの席の友人が俺の肩をたたき、話かけてきました。

その瞬間、今まで体が動かなかったのが嘘のように金縛りが解けました。

俺は全く霊感とかはないのですが、そういうことに詳しい友人に最近、相談してみるとこう言われました。

『目が合ってたら、取り憑かれてたよ』

もしもあの時

後ろの席の友人が話しかけてくれなかったら、

俺は今頃、どうなっていたのでしょうか…

怖い話投稿:ホラーテラー 犬さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
31400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ