短編2
  • 表示切替
  • 使い方

謝罪

最近、眠れません。

幽霊を、見るんです、頻繁に。

夜道を歩いていたら、コンビニの前にいた血塗れの制服を着た女子高生が、ぐちゃぐちゃの顔か

らナイフを抜いて僕を襲って来ました。

抵抗したけど、僕の顔はめった刺しにされました。

若い男の人が、私の布団に潜り込んでいやらしい手付きで体を弄ります。「やめて」とお願いす

ると、「また来るよ」と言ってフッと消えてしまいます。

メールの着信音。携帯を見ると「俺の魂、半分返せ」

車を運転していると、急にハンドルが回らなくなり、ブレーキが利かなくなる事もしょっちゅうです。そういう時は、大抵体がひしゃげた数人の人間が、楽しそうに私の車を見ています。済んでの所で事故らずに停車すると、派手なブーイングが上がります。

もう二度と、ビー玉みたいな赤い目で闇から見つめたりしません。

エレベータの中で塩酸をかけるのも止めます。

夜中に公衆トイレで使われてない番号に電話するのも、もうしません。

白い服を着て窓から覗いたり、天井からぶら下がったり、階段を駆け上ったりも。

でも、私を襲う幽霊は、口を揃えて言うのです。

「化けて出られるのがお前だけだと思うなよ」

「死んでも許さない」

今日、久し振りにトイレの扉に血文字で落書きをしました。

今は、心の底からこう思います。

殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
55000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ