中編3
  • 表示切替
  • 使い方

21歳の頃、レンタルビデオ店でバイトをし始めた時の話です。

朝一人でお店を開け、シフト制の為夕方7時まで他のスタッフは出勤してきません。

いつもの様に棚の整理などして居ると、入り口のレーザーが反応していらっしゃいませの合図。

『いらっしゃいませ~!』

振り向くと、後ろ姿でしたが20代位のパーマにタンクトップ、ジーンズにスニーカーな私位って感じの女の人が入って来ました。

レジに戻りパソコン画面で頼まれてた仕事をこなして居ると先程の女性がやってきました。

2人っきりです。

私『はい、お預かりします。』

『カードをお預かりして宜しいですか?』

『返却は来週の…』

などと、レンタルビデオ屋に行くと良く目にする接客をしてたんですよ。

お釣りを渡し終え接客も終盤です。

すると急にその女性が、

客『アンタ!大袈裟じゃないぃ?!(怒)』

私(え??汗)

客『あんた見てたらイライラするよ!!(怒)』

私『すいません…』(声にならない声で…泣)

客『オバサァァン(罵倒)!!』怒

私(!??……恐)

捨てゼリフの後帰って行きました…

何故言い返さないかって…………

イヤ…言い返せなかったんです…

若い子だったらこっちだって『はぁ?!(怒)』ってキレてましたよ!

けどその女の客……

どう見ても…40過ぎのオバサンにしか見えないんですよ! 頬を痙攣並みにピクピクさせて…

口はヒクついて…恐

あまりにも怖かったのでオーナーに相談したら『あんた可愛いからねぇ…取り敢えず黙って接客して何も言わなくていいから接客終わったら奥の方に行って(隠れて)他のお客さんくるまでレジに立たなくていいよ』と言われ…

言われた通りに黙って接客し終わると店の奥に隠れ店内の様子を伺ってました。

そしたらそのオバサン…レジの前に突っ立って帰んないの!!

怖くて怖くて、

心の中で

(早く帰れー!帰れー!!!)

念じていると

他のお客さんが入ってきました。

接客しているその間もずっとレジの真横に突っ立っています!(怖)

他のお客さんが帰りやっとそのオバサンも出口へ…

私(ほっ…良かったぁ…)

と同時に!!!

『アリガァァドネェェ!!(怒)オバザァァン!!!(怒)』叫!!!

あまりにも恐くて…辞めてしまいました…(鬱)

余談ですが…

この客の事がスタッフの間で話題になりどんな人なの??って話になったので、

免許証のコピーが載ってる会員さんのファイルから探してみんなでみたんですよ…

47歳でした…

この方、婚姻者で旦那と来る時は普通にしてるんですね…

後他のお客さんが居る時は何も言って来ない…

それが逆に又恐いんですよね…

自分でいけない事してるって分かっててやってるって事ですよね…

それを異常って言うんですかね…

他のスタッフには1度もそんな事無かったそうです…

オバサンにオバサンと罵られる恐怖(((゜д゜;)))

あれから6年…あんな人間にはもう遭遇してません…

読んで下さった方々、有難うございます。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3380
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ