短編2
  • 表示切替
  • 使い方

常連様

自殺を投下した店長です。

まだまだ眠くないので、次のお話を…

と、その前に僕はいわゆる「霊的なモノ」が少し見えます。

良く幽霊が出る場所って人通りが多いすぐそばに、誰も入らない空間がある場所って聞きますが、

カラオケ店はまさにそれ!

1番怖いのは閉店時間で、各部屋(密室)の電源を落として回る時です。

怖い話も沢山あるのですが、僕の印象に残ったエピソードを投下させて頂きます。

僕が店長に成り立ての頃…

毎日お昼の開店から来る仲の良い老夫婦がいました。

お客様なんですが、物腰も柔らかく、差し入れして頂く事もしばしば。

アルバイトの好きな常連様No.1でした。

ご注文はいつも決まって、アイスコーヒー二つ。

部屋に案内し、「いつものですね?」と聞くだけでご注文が完了していました。

二年くらいたった頃でしょうか…

おじいさんだけでご来店するようになりました。

僕が訳を聞くと、おばあさんは亡くなったというお話をして下さいました。

あんなに優しく良い人でも亡くなってしまうんだと、胸が裂ける思いでした。

しかし

しばらくしておじいさんは奇妙な行動に出ます。

フロントで受け付けする時に「2名で」と言うのです。

もちろんおじいさん一人です。

しかしおじいさんは隣におばあさんが居るかの様に振る舞います。

僕は察し、「かしこまりました。」と手続きをしました。

部屋に入ってもアイスコーヒー二つのご注文…

おじいさんはボケてしまったと、泣き出す女性アルバイトまでいました。

それ程、好かれていた常連様でした。

この奇妙な行動が二週間くらい続いた頃でしょうか?

昼間なのに、死んだおばあさんをアルバイトが見たと言います。

そして、おじいさんが毎回手をつけずに残されるハズのアイスコーヒーが空になっていたりしました。

僕は不審に思い、薄暗い部屋を覗き込むと…

おばあさんが居ました…

生きている頃と同じ姿で…

うっすらと見えます。

僕は老夫婦の絆を目にしました。

涙が止まりませんでした。

おばあさんは亡くなってもおじいさんとずっと一緒だったのです。

2、3日しておじいさんもご来店されなくなりました。

おばあさんが迎えに来たのでしょうか?

おじいさんが亡くなったのか、ただ来なくなったのかはわかりません。

でもご夫婦がずっと一緒で居る事は確かだと思いました。

怖い話投稿:ホラーテラー 店長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ