短編2
  • 表示切替
  • 使い方

変わったこと

今日もいつものように仕事が終わり、電車に乗って自宅最寄り駅に着き、自宅へ帰るときに起こったこと。

New Daysに立ち寄り、アイスコーヒーを買って外に出て喉を潤していた。

「あぁ、毎日がこうだとさすがに飽きるなあ。何か変わったこと起きねえかな。旅行いきてえけど、金欠だしなあ。」とのんきに独り言を言っていた。

駅構内は帰宅する人間でごった返していた。みんなそれぞれ勝手に喋り、勝手に行動していた。

「うるせえなあ(笑)」

しかし突然、人々のざわめきがピタッと収まり、

「あれ?」

後ろを振り返ると、何mか先にいる自分と同じようなサラリーマン風の男が、片腕を押えながら立っている。痛がっている。よく見ると出血しているようだった。

「??????」

何が何だかわからない・・・

すると、

「ウォォォォ!!」

奇声をあげながら鎌のような刃物を持った女がこっちに走ってきた。

半泣き状態で逃げる俺。

俺と同じくみんな悲鳴を挙げながら逃げたり、あまりにも怖くて帰って逃げられず、立ち竦んでた人もいただろう。

俺はすぐさま近くの柱に隠れた。

少し時間がたって見てみると大学生っぽい男が取り押さえていた。それを囲うようにに警官が数人立っていた。

「殺してくれー!!!」

犯人らしき女は悲鳴をあげていた。

もう何が何だかわからない。警官に何があったか訊きたい。でも家へ帰らなきゃ。

数時間後、自宅のテレビをつけると、

「神奈川県のJR平塚駅で通り魔事件発生」

というニュースを見た。

「変わったことよりも平穏な1日が送れればいいや・・・・」

怖い話投稿:ホラーテラー heguriさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
37800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ