中編2
  • 表示切替
  • 使い方

いつも皆様の投稿を読ませて頂いてます。

初投稿します。

不馴れなものなので読みにくかったり、

実際に何か見た訳でもなく、皆様のお話と比べると大変ショボい話ですが、

温かい目で読んで下さったら嬉しいです!

私が小さい頃住んでたマンションの裏には森があった。

私はよく中で遊んでいたが、突然その森は立入禁止になった。

有刺鉄線付きの柵が囲い、誰も森に入れなくなったのだ。

何か事情があるらしいが、親に聞いてもよく教えてくれなかったし、未だに私は知らない。

当時、私は弟と一緒の部屋で寝てた。

確か私は小4で弟は4歳だった。

その部屋は両親の寝る部屋とは別になってた。

いつも弟は寝る前に部屋の窓から外を眺めていた。

その窓からは、例の森がよく見えた。

ある晩、私は眠っていたのだが、夜中に不意に目が覚めてしまった。

一緒に寝てた弟を探すと、弟は起きて窓を開け、熱心に外を眺めている最中だった。

(いつも弟は夜ぐっすり寝てるのに)

と思ったが、私は眠かったのでまた眠ろうとして目を閉じた。

私は目を瞑りながら、「早く寝なよ」と弟に声をかけた。

すると弟が言った。

「森に蛍がいる」

最初、(あの森に蛍なんかいたのか!)と私は素直に驚いた。

しかし、

(あれ?蛍って水辺にいるんじゃなかったっけ?)

とすぐ疑問に思った。

あの森には小川や池等水辺は一切なかった。この時点で何となく怖くなってきたが、窓の方に自分で確かめに行く気にはなれない…。

布団の中で不安になってきた私を尻目に弟ははしゃぎ続ける。

「ピロピロしてて大きいよ」

「赤いのと青いのがきれい」

「いっぱいいる」

「飛ぶの早いなぁ」

「何か喋ってるけどよく聞こえないよぉ…」

ピロピロとは、光が尾を引いて飛んでいるという事らしい。

本当に蛍?

赤や青?

蛍の光にそんな色ある?

おまけに布団の中の私には何も聞こえないが、何か喋ってるって、それ蛍じゃないだろ!しかも沢山…。

人がライトか何かを振り回しているのではないかとも思った。

だが夜中の森に人が沢山いるとは考え難いし、有刺鉄線があるので、簡単には森に入れないはず…。

動物もあの森にはいないはず。

少なくとも沢山はいない。

ひょっとしてオバケ?

弟の言葉に私は怖くなり、すっかり目が覚めた。

すると弟が興奮気味に叫んだ。

「あっこっち飛んできた!すごく早い!」

私は死に物狂いで弟に窓を閉めさせた。

怖い話投稿:ホラーテラー 下毛和牛さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ