短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ある朝の光景

ジリリリリ!

目覚ましで目が覚めた。

その日は寝坊した。

私は急いで用意し

車に乗り込み

出発した。

朝8時だった。

狭い住宅街を

走り抜ける。

ボランティアの

交通誘導員が

信号待ちの

小学生達を

誘導している。

一人の小学生が

私の車の前に

飛び出してきた。

…ドン!

私の日常は崩壊し

とてつもない絶望が

私を突き抜けた…

ジリリリリ!

目覚ましで目を覚ました。

ひどい悪夢だった。

リアル過ぎる…

私は滝のような汗を

かいていた。

服がビショビショだ。

私は準備をすませ

車で出発した。

朝8時…

遅刻ぎりぎりだ。

気をつけて車を

走らせた。

突然、小学生が

飛び出してきた!

あぶない!

キキィー!

…ドン!

私は再び絶望に

飲み込まれた…

ジリリリリ!

…目覚ましが鳴っている。

もう嫌だ…

誰か助けて…

私はやっていない…

やっていない…

…自殺なんかしたくなかった

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ