短編1
  • 表示切替
  • 使い方

携帯電話

「…~~~~~あ゙~~~~~」

A子は必死に勉強をしていた。

基本的な操作は簡単だ。すぐに理解できた。でも問題はそこじゃない。

A子が今学んでいるのは、携帯電話の「仕組み」について。

電波の周波数、着信音のデータ形式、通信速度、GPS機能その他…

難しすぎる!!無理だこんなの!!

着うたって何よ!?もはや電話じゃないじゃん!!

パケットって何??ポケットの仲間??

Flashにも対応してんの!?

うわ、YouTubeも見れるんだ…

いやいやいや。何やってんだ私。ダメだダメだ。

そんなこんなでB子にヘルプ。

「まずパソコンから始めたら?サイト作ってみるとかさ。」

「でもパソコンはもう時代遅れじゃん!!やっぱりいつも身に着けてるケータイじゃないと」

「何でアンタはわかんないのかねぇ~」

やって来たB子は、こうしてこうしてこうこう…と携帯電話をいじくる。

携帯はまず電源が落ち、にも関わらずLEDがせわしなく光り、けたたましい着信音のあと画面が真っ赤になり、最後にB子の声で

「殺す…」

そして電源がついたと思ったら「着信44件」の表示。

「すごい!!すごすぎる!!」

あまりのB子の技術に感動するA子。

「アンタねぇ~、今どきこれぐらいできないと」

「幽霊やってけないわよ」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3431
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ