短編1
  • 表示切替
  • 使い方

解らない

私は 頭がおかしい

 どうしてか、子供のころの記憶があまりない

誰かの話に ニコニコして聞いていたり

共感をしてみたり 怒ってみたり

普通にできる

 

  けれど 実際そういう時  なにも思っていない

  器の私が紡ぐ  言葉を

  暗がりから もう1人の私がぼんやり 見ている

自分が自分であるのは 理解している

ただ 時々 解らなくなる

13歳の夏  彼が言った

 「君はもっと 優しさをもちなさい  

  他人に対して冷たすぎる」

その人は なぜか ひどく憤慨していた  

私は自分のことだけなのだろう

事実 周りのことに 関心がない

もうすぐ 生まれるはずの 

この子供

これは  私でなない命

誰か 助けてください

どうすれば愛せますか?

どうして こんなことに

どうして 私は 生きている?

 

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1430
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ