短編1
  • 表示切替
  • 使い方

……………考え…

いつも 誰かに見られているような気がする。

僕は、過去に罪を犯した。それはやってはいけない。してはいけないこと。

自分でもどうしてあんなことをしたのか、今でも悔いしています。

黒い影、笑っている白い人、どこからかみている人。

でも、僕は気にしていない。ただ、罪をどうゆうに償えばいいのか考えている。しかし、結論はしている。

実行しない。ぼくは、迷う…いや、自身がそうしているのかもしれない。

あと5年9カ月、早めにしなければ…いや、早くしても、相手が許しを得なければ、変わらない。今の自分を変わらないといけない。

欲望にあふれ出してはいけない。生きている意味はあるのか?時間が過ぎていく、道がなくなっていく、少しずつ死に近付いている、みつからいない。罪は消えない。鎖で縛られる。罪を…軽いことをしてもどの道、必ず生きている人は罪を行っている。

それは、日常の嘘や欲など………

かもしれない。

(すみません、どこか変になっているか、変わっているとこがあるかもしれない・・・ほんとうにすみません)

怖い話投稿:ホラーテラー H2さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ