短編2
  • 表示切替
  • 使い方

『何か』

1951年05月。

フィリピンのマニラの裏通りで、18歳の少女がパトロール中の警官に助けを求めた。

「助けて!誰かが私に噛みついて離れないんです!」

聞けば、正体不明の『何か』が自分に噛みついているという。

警官は、少女が麻薬による幻覚を見ている疑いがあるとして、警察署へ連行した。

警察署の一室に入ると、少女は突然、金切り声を上げた。

「ほら、そこにいる!助けて!黒いやつが私に噛みつこうと追ってくる!」

少女は次の瞬間、床の上に倒れ伏した。そして警官の目の前で、少女の肩や腕に生々しい噛み傷がいくつも浮かび上がった。傷口からは鮮血がにじみ、唾液がこびりついていた。

信じられない光景に恐怖した警官は、慌てて署長に連絡を取った。

呼び出された署長は、そんな馬鹿なことがあるか、少女が自分で傷をつけたのだろうと激怒したが、同じく呼び出された検察医は首をひねった。

少女の全身には十ヶ所以上の傷跡があったが、肩の後ろにも噛み傷がついていたのだ。自分の肩の後ろを、自分で噛めるはずがない。

その夜は少女を警察署に留めることにしたが、翌朝、再び少女は悲鳴をあげた。

「またあいつが噛みついてくる!」

逃げ回る少女の首筋から血が噴き出した。警官達は、必死に見えない『何か』にいどみかかろうとしたが、手応えはなく、それに触れることすらできなかった。

この事件に、マニラ警察署内は騒然となり、遂にはマニラ市長までが半信半疑で駆けつけた。

署長は少女を特別に厳重な独房の中に入れ、監視させた。ところが、

「ああ、黒い怪物が入ってきた!」

少女が叫んだ。

署長や市長を含めた大勢の目の前で、少女ののどに見えない『何か』の牙が食い込んだ。

それから左腕、右肩、左肩、左足へと歯形は次々と現れ、少女の身体から血が滴り落ちた。

それはわずか数分間の出来事だったが、署長も市長も全身に冷や汗をかき、がたがたと震えるばかりだった。

それきり『何か』が少女を襲うことはなかった。その後、少女は精神病院に送られたという。

この事件は、マニラ警察署の事件報告書にも、特殊事件簿NO.108として記録されている実話である。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
46700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ