短編1
  • 表示切替
  • 使い方

猫の魂

寝苦しい真夏の夜。

ふと目覚めた。

枕元の時計を見るとまだ夜中の3時。

暑苦しくて目覚めたのではない。

ベランダで猫の悲鳴とも聞こえる鳴き声が眠りを妨げたのである。

そしてその鳴き声は絶叫にかわっていった。

眠い目をこすりながら、窓を開け、口の前で人差し指を立てると男はこう言った。

『タマ、静かにしなさい。シーッ。タマ、シーッ』

猫のタマ、シー

…猫の魂…

怖い話投稿:ホラーテラー ソウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ