短編2
  • 表示切替
  • 使い方

『パァパ』

またかよ…。

これで何回目だ?

泊まっている旅館の部屋に何度となくかかってくる電話。

しっかりとは聞き取れないが、女のすすり泣く声が聞こえる。

なんかいるんじゃないか?

フロントに言って部屋をかえてもらい、その晩は寝た。

「ただ〜いまぁ!あ〜、疲れた〜。」

二週間ぶりの我が家だ。

「おかえりぃ。ご出張お疲れさまぁ。」

台所から妻の声。

『ダァ〜。』

2才になる我が子の声も。

これぐらいになると、だんだん言葉も覚え始め、親としての楽しみも増える。

最初に覚えた言葉は

「パパ」だ。

妻が親バカの俺のために、子供に何度も言い聞かせ、教えたようだ。

「もっと遅い時間になると思ったから、まだ夕飯作ってるところなのよぉ、できてるのから先に食べてて。」

キャベツの千切りをしながら妻は言う。

『バァ〜。マンマ。』

「そっか、お前も食べたいか?(笑)」

子供を抱き抱え、食べ始める。

『パァパ、パァパ!』

子供が緩めたネクタイで遊び始める。

「ん?今日の味噌汁、ちょっと苦いなぁ。。」

『ドォ、ドォ』

「パパは馬じゃないぞぉ。」

『ドォック、ドォック』

「英語も覚え始めたのかぁ!さすが俺の息子だな!」

『チネ、チネ』

「そんな、英語あったかぁ?」

『パパ、ドク、チネ、チネ、パァパ』

箸を持つ手が震えはじめた。

妻の包丁の音も止まった。

『パパ、毒、死ね』

振り返った妻の笑顔は、歪んでいた。

そして、こう言った。

「不倫旅行、お疲れさま。そして、いってらっしゃい。」

怖い話投稿:ホラーテラー ソウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4200
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ