中編3
  • 表示切替
  • 使い方

友人(以下Aとする)の体験談です。

Aの家族は毎年お盆になると里帰りをするらしく、受験シーズンにも構わず遠い祖父の家へ新幹線で向かったそうだ。

祖父の家は近くに山や田畑が広がるような田舎にあったが、それなりに人や店も多く、近所に寺や広い敷地のC神社もあった。

その日は従兄弟のBとC神社を探検するということになり、歩いて5分もしないC神社に向かった。

大きな赤い鳥居が見え、入ってすぐ左に竹林が広がっているのがわかる。

B「この前あの竹林から呪いの藁人形を打ち付ける音が聞こえたよ!」

A「えー何それ?竹に杭なんて打ち込めるの?」

B「うーん、さぁ?」

ふざけながら進んでいると左側に小さな鳥居が見えた。その先には古い階段が続いており、途中に何個か同じ鳥居が挟んでいる。

周りには木々が生い茂って光を遮断しているせいか、暗い雰囲気を醸し出していた。

B「あ、A姉ちゃんこっち行こう!」

Bがその鳥居を指差す。

A「え、拝殿はこっちじゃない?」

なんとなく嫌な感じがしたAは正面に向かって歩き出そうとする。

B「いーじゃんこっち行こうよ!こっちのが探検っぽいよ!」

A「えー…わかったよ…」

押しに弱いAは仕方なくBの後に続いた。

B「…うわっ!蜘蛛の巣!」

3個目の鳥居には蜘蛛の巣が張っていたらしく、人が滅多に訪れないことを物語っていた。

A「ねー…、やっぱ戻んない?拝殿に行こうよ」

Aは幽霊や妖怪等の類いは信じない方だが、神聖な域へ踏み込んだような、いつもと違う空気に恐れを感じていた。

B「えー、A姉ちゃん怖いの?上まで行ったらね」

BはAに構わずどんどん先へ進んでいく。

A「別に怖くないけどさぁ…」

置いて行かれそうになり内心焦ったAはペースを上げる。

しばらく上ると階段が途切れ、奥に小さながお社が見えた。

A「これ…何を祀ってるのかな」

B「ばあちゃんが“まっしゃ”とか言ってたよ」

A「まっしゃ?」

B「この神社で祀ってる神様と関係ない神様だって」

A「ふーん…」

「拝殿はあちらですよ」

A「!!?」

後ろから低い声が響いた。

階段を上ってきた気配は無かった。

「こちらは末社ですが、礼拝ですか?」

後ろを振り返ると一人の男が立っていた。

夏だというのに黒いセーターに黒いズボン、首には深緑のマフラーを巻いている。

A「ぃや…ちょっと道…間違えちゃって」

必死に平常を装い、声が裏返りそうになるのを抑える。

「ガァガァ!!!」

A「ひっい…!!」

突如後ろにある末社に烏が3羽もとまり、羽をばたつかせながらしわがれた声でうるさく鳴き散らす。

A「B君、帰ろう!!……!!?」

隣にいたはずのBがいない。

辺りを見回すが、やはり何処にも姿が見当たらない。

A「B君!?B君!!?」

「ガァガァ!!ガーァガァガア!!!」

烏がうるさい。30羽はいるんじゃないかと錯覚する程の大音量が木々にこだまする。

A「な、なん、なんなの…これ………!!?」

「……○…○○○」

男が何か呟いている。

烏がうるさい。

「○○くし…、くろ…○○ぬり○○……○○つふし…、め○○…」

Aはその後の記憶がなく、気が付いた時には最初通った鳥居の前で倒れていたそうだ。

その場から逃げるように帰ったAは、Bになぜ先に帰ったのかと問い詰めたが、Bは困惑したように“神社になんか行っていない”と答えたらしい。

後日談。

Bの家(祖父の家)は農家をやっており、烏がよく作物を荒らすため、作物に毒(農薬)を仕込んだところ、翌日には烏が3羽死んでいたそうだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 空閑さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ