みっつの選択 【みっつ目】

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

みっつの選択 【みっつ目】

そして僕は考えた。

どこかの見知らぬ多数の命か、

すぐそばの見知らぬ一つの命か、

一番近くのよく知る命か、

進まなければ確実に死ぬ。

それは『みっつめ』の選択になるんだろうか。

嫌だ。

何も分からないまま死にたくはない。

一つの命か多くの命か?

そんなものは、比べるまでもない。

寝袋の脇には、大振りの鉈があった。

僕は静かに鉈を手に取ると、ゆっくり振り上げ

動かない芋虫のような寝袋に向かって

鉈を振り下ろした。

ぐちゃ。

鈍い音が、感覚が、伝わる。

次のドアが開いた気配はない。

もう一度鉈を振るう

ぐちゃ。

顔の見えない匿名性が罪悪感を麻痺させる。

もう一度鉈を振り上げたところで、

かちゃり、と音がしてドアが開いた。

右手のテレビ画面からは、

色のない瞳をした餓鬼がぎょろりとした眼で

こちらを覗き返していた。

次の部屋に入ると、

右手には客船の模型、

左手には同じように寝袋があった。

床にはやはり紙がおちてて、

そこにはこうあった。

『3つ与えます。

 ひとつ。

   右手の客船を壊すこと。

 ふたつ。

   左手の寝袋を燃やすこと。

 みっつ

   あなたが死ぬこと。

 ひとつめを選べば、

     出口に近づきます。

 あなたと左手の人は開放され

その代わり客船の乗客は死にます。

 ふたつめを選べば、

     出口に近付きます。

 その代わり

 左手の人の道は終わりです。

 みっつめを選べば、

    左手の人は開放され、

    おめでとう、

  あなたの道は終わりです』

客船はただの模型だった。

普通に考えれば、

これを壊したら人が死ぬなんてあり得ない。

けどその時、その紙に書いてあることは

絶対に本当なんだと思った。

理由なんてないよ。

ただそう思ったんだ。

僕は寝袋の脇にあった灯油を

空になるまでふりかけて、

用意されてあったマッチを擦って灯油へ放った。

ぼっ、という音がして

寝袋はたちまち炎に包まれたよ。

僕は客船の前に立ち、

模型をぼうっと眺めながら、鍵が開くのをまった。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー をわりさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ