短編2
  • 表示切替
  • 使い方

電話の相手

それは残業のせいで途中で終電が無くなり、降りた事のない寂れた駅で降りた時のことです。

給料日前で金が無かった私はタクシーをひろうこともできず、自分の家のおおよその方角に向かって歩いていました。

ところが夜も2時を回った頃、急に腹を壊してしまい、慌てて通りがかった公園のトイレに駆け込むハメに。

そして、ようやく一息つけた時、隣の個室に誰か入っていたことに気がつきました。

隣の男性はどうやら個室の中で電話をしているようで、声が漏れ聞こえてきます。

「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」

『・・なった・・い つか・・』

「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。え?おう。あははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」

『たしか・・かけ・・し・・』

流石に電話の相手の声までは、はっきりと聞こえませんが、あたりは静まりかえっていて、まるで自分の耳元で話しているくらい声が聞こえてくるのです。

その時、

「そうだっけ?おう・・あー、そうかもしんね わり!ちょっと待ってて」

と隣の男が煙草に火をつけはじめた時、一瞬の無音の間をぬって、電話の相手の声が聞こえました。

『ったでんわばんごうは げんざい つかわれておりません  ばんごうをおたしかめのうえ おかけなおしください  おかけになったでんわば』

「もしもし?わり。タバコ。で、何だって?ああ、そりゃおまえ、、、」

私は慌ててトイレをかけ出て、駅前で震えながらシャッターが開くのを待っていまいた。

ただ物凄く気味が悪くて怖かった。思い出すとまだ夜が怖い。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8082
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

人間の方が怖い!

ありそうで嫌だ・・・