短編1
  • 表示切替
  • 使い方

死ぬほどゾッとした

高校生の頃のはなし。

幽霊じゃありませんが、

わたしの母親はすごく真面目で厳しかったんです。

そんな母に、友達の家に泊まるからと嘘のメールをして彼氏の家によく泊まりに行っていました。

毎回毎回いつもの手口で友達の家に泊まると嘘をついて、嘘がばれないようにと友達(A)にも口裏をあわせてもらうようによろしくメールまでしていたんですが、ある日おかあさんから突然一通のメールが来ました。

題名 Re:いつもごめん

本文

今日も彼氏の家に泊まりに行くんだ

もしお母さんから電話あったら話合わせててね よろしく〜★

私は目を疑いました。

なんでこんなメールが来たかすぐには理解できませんでした。

でも答えは一つしかあらません。

震える手を抑えながら祈るような気持ちで送信ボックスを確かめました。

そこには友達に送ったはずの『よろしくメール』の宛先が 『おかあさん』になっている物がありました。

今まで送ったメールの数だけ。

毎回毎回友達に送ったつもりが全て『おかあさん』に送っていたのです。。。

生まれて初めて死ぬほどゾッとしました。てゆうか、もう死んじゃおうかなって思いました。

その後しばらくはおかあさんは口をきいてくれませんでした (笑)

怖い話投稿:ホラーテラー 松さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ