毎月お題の短編練習枠(🌱初心者歓迎)

皆さんこんにちは。
一向に文章が上達しないふたばです。(´・ω・`)
己の練習に他人を巻き込んでやろうと、掲示板を建ててみました。
以下、ここでのルールを説明します。( ᴗ ̫ ᴗ )

🌱ここは、短編の練習をする為の掲示板です。

🌱毎月単語を3つ、お題として出しますので、短編の「三題怪談」を募集します。

🌱「三題怪談」とは、1つのお話に決められた3つのお題のワードを入れなければならないという“縛り”で御座います。

🌱お話の長さの目安は、原稿用紙2枚分(800字)以内。
(あくまでも目安です、越えてしまってもヨシとします)
文字数カウント↓
https://phonypianist.sakura.ne.jp/convenienttool/strcount.html

🌱お題は毎月一日に更新されます。

🌱提出期限は毎月28日までとします。

🌱お話はいくつ投稿しても構いません。

🌱初心者大歓迎。実際私もほぼ読み専なので、文章が下手っぴです。軽い気持ちでご参加下さいませ。

🌱ここで投稿されたお話は、“ご自身で書かれたお話ならば”怖話の通常投稿にあげても構いません。
寧ろ、多くの方に見ていただけるよう、ここで試し書き、本投稿で完成品といったように使って下さいませ。
何なら他サイトでも投稿されている方は、そちらへあげるのも問題御座いません。
(※他の方の掲示板でも同じとは限らないので、その都度そこの掲示板主へご確認下さい)

🌱題名も付けて頂けると助かります(題名は文字数には含みません)。

🌱感想だけのご参加も大歓迎です。

🌱明らかな荒らしコメントは即刻削除致します。慈悲はありません。

=============================

【2月お題】
「僧」「遊泳」「踊り」

Extraお題(上級者向け)
「怪僧」「宇宙遊泳」「阿波踊り」

お題提供:嗣人さん
投稿期間 2/1 0:00〜2/28 23:59

=============================

ですがまぁ…建ててみたは良いものの、私が独りで短編を書き続ける寂しい場所になりそうな気がします……

そこで!ちょっとした特典代わりと言っては何ですが、ここで投稿されたお話は、私ふたばが朗読させて頂きます。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ
具体的に言うと、YouTubeにてその月に投稿されたお題の回答を、纏めとして朗読してアップします。
素人の朗読ですのでレベルは低いですが、創作意欲の糧になれれば幸いです。( ᴗ ̫ ᴗ )

※朗読されるのが嫌だという方は、お手数ですが文末に「※否朗読希望」とお書き下さいませ。

📚過去のお題アーカイブ
【9月お題】「彼岸」「ぶどう」「ネジ」
https://youtu.be/DlNJ68yKIfA
【10月お題】「十五夜(月のみでも可)」「図書館」「菊」(※お題提供:あんみつ姫さん)
https://youtu.be/iA4spsQlSMA
【11月お題】「りんご」「子ども」「落ちる」
https://youtu.be/UMVBBrycZqU
【12月お題】「肖像画」「塩」「M」
(※お題提供:むぅさん)
https://youtu.be/MJmFrqUqvj0
【1月お題】 「ウシ」「晴れ」「厄」
https://youtu.be/N0tX10EOJoE

※追記:ここのお話を本投稿へもアップされる方へのお願い
🌱先に述べた通り、ここに書いたお話は一般の怖い話にも投稿して頂いて構いません(そもそも著作権は作者のものですから)
🌱一般投稿分は掲示板のレギュレーションから外れますので、文字数を気にせず加筆修正しても何も問題御座いません。
🌱ですが、投稿の際には題名に“三題怪談”の文字を付けないで下さい(同じ企画系列の題名が並ぶとうんざりしてしまうユーザーが現れる為。実際、過去にそういう事がありました)
🌱また、お題の単語をお話の解説欄に載せると、その単語に気を取られて純粋な短編として楽しめないので、読者的には解説欄には“掲示板より”とだけ書いて頂けると助かります。
(コメントにお題の単語をネタバレ防止で公開するのはアリです)
(ここのページのURLは貼っても貼らなくてもいいです)
🌱代わりに、投稿作のタグ欄に、お題の単語タグ3種と“毎月お題の短編練習枠”タグが知らぬ間に付いております。十中八九私ふたばが犯人なので怖がらないで下さい。

企画というより常設となるこの場所は、細く長く続けていきたいので、何卒、ご理解下さいませm(_ _)m

ご参加の皆様へ( ᴗ ̫ ᴗ )
2月のお題投稿の締め切りは、本日28日の 23:59までで御座います(*´꒳`*)
お忘れの無いよう宜しくお願い致します🌱

返信

@とっつ さんこんにちは(=゚ω゚)ノ

改訂版の文字数は881文字ですが、実際私自身そこまで文字数には拘っていないので全然okですw
というより、過去には1000文字オーバーのお話もあったくらいなのでお話の長さの目安だと思っていただければ大丈夫です(*´꒳`*)

そもそもが“短編”の練習枠なので、はなっから中編や長編を書かれるのだけは困るって感じですね(~ ˙ª˙ )~

返信

少しスリムにしました。
まだオーバーしていると思いますが、800文字「程度」に甘えて決定稿とさせていただきます。
よろしくお願いいたしますm(__)m

返信

スーパー銭湯にて

「宇宙遊泳…
それと…
阿波踊り…
今日から3日間、この二つには充分気を付けなされ。
さもなくば人生最悪の出来事が降りかかるであろう」
興味本意で訪れた占いの館で、こう告げられたのが今から3日前。
宗教的でありながら、どれとも違うような、怪しげな衣装を身に纏った、いかにも「怪僧」という表現がピッタリの占い師だった。
滑舌の悪さも、怪しさを一層際立たせていた。
男は3日間を無事にやり過ごすことだけを考えて生活していたが、それも今夜さえ乗りきれば終わる。
「意識しすぎるのもかえって危ない。
とにかくいつも通りに…」
今日は月に1度のお楽しみの日。
お気に入りのスーパー銭湯のサービスデーだ。
宇宙遊泳と阿波踊りとは全く無縁のこの場所で、時が過ぎるのを待つつもりだった。
ただ、この日はいつもと違った。
浴室に入った瞬間、刺青の一団が洗い場を占拠しているのがわかった。
さらに、やんちゃそうな子ども二人組が男の横をすり抜けて浴室に入ってきた。
幼さゆえの無知なのか、悪ふざけを始めた。
刺青の一団の表情が一斉に曇る。
不穏なムードを悟った男は、体を洗い終えると、たまたまひとけがなかった露天風呂へ、逃げるように直行した。
大きなガラス窓越しに、子ども二人組が浴槽を泳いだり、床を泡だらけにして体をくねらせて遊んでいるのが見えた。
「長居は無用だな」
露天風呂から内湯を通って、脱衣所に向かおうとした時だった。
立ちはだかる若い衆風情の男が一人。
顎でサウナの方を指した。
下手に逆らわず素直にサウナに入ると、一目瞭然の「ボス」がいた。
「子どもの躾は親の役目ちゃいますか」
ボスは男の肩をポンと叩くとサウナをあとにした。
「ちっ違います!!僕の子じゃあ…」
追いかけようとしたが、入り口の向こう側で複数の若い衆が、小窓から男を睨み付けている。
誤解は明白だった。
だが、時すでに遅し。
腹いせに、サウナでの事故死に見せかけて殺そうとしているに違いなかった。
熱中症で意識が朦朧とする中、この時ようやく占い師の言葉の意味を理解した。
「内湯…遊泳、、、泡…踊り」
子どもの悪ふざけと、占い師の滑舌の悪さを恨みながら、男は意識を失った。

返信

@とっつ さん今月もご参加有難う御座います( ᴗ ̫ ᴗ )

やり直しはいくらでもして大丈夫ですので、全然気にしないで下さい(=゚ω゚)ノ
文字数の方は919文字と、テンポの良さに反して意外と多いですね。本投稿の短編表記がいよいよ信用出来なくなって来ました(~_~;)

内湯遊泳…この言葉、滑舌が悪い方でなくても結構宇宙遊泳に聞こえますね(°▽°)
「うちゆ」の“ゆ”の子音のyがあやふやで「うちう」になるだけでもうほぼ宇宙です。笑

確かにサウナでの熱中症でしたら扉を封鎖するだけで良いので、簡単に事故死()させれますね(๑˃̵ᴗ˂̵)ノ♩
一応「人生最悪の出来事」なので“死”とは言われていない訳ですね。つまり、死ぬギリギリのところで誤解が解けて一命は取り留めるかもしれません/(_-_)l
ただ、その場合でも「人生最悪の出来事」をクリアする為にえげつない後遺症が残って「…シテ…コロシテ……」ルートへ移行しそうです( °-° ) ( °-° )

返信

初歩的な誤字などが見つかったので、早速の再投稿です。
ごめんなさいm(__)m
あと、文字数の確認していただけたら助かります。
手のかかる奴で申し訳ないです(((^_^;)

返信

「宇宙遊泳…
それと…
阿波踊り…
今日から3日間、この二つには充分気を付けなされ。
さもなくば人生最悪の出来事が降りかかるであろう」
興味本意で訪れた占いの館で、こう告げられたのが今から3日前。
宗教的でありながら、どれとも違うような、怪しげな衣装を身に纏った、いかにも「怪僧」という表現がピッタリの占い師だった。
滑舌の悪さも、怪しさを一層際立たせていた。
男は3日間を無事にやり過ごすことだけを考えて生活していたが、それも今夜さえ乗りきれば終わる。
「意識しすぎるのもかえって危ない。
とにかくいつも通りに…」
この日は毎月1回のお楽しみの日。
お気に入りのスーパー銭湯のサービスデーだ。
宇宙遊泳と阿波踊りとは全く無縁のこの場所で、時が過ぎるのを待つつもりだった。
ただ、この日はいつもと違った。
浴室に入った瞬間、刺青を纏った一団が洗い場を占拠しているのがわかった。
さらに、やんちゃそうな子ども二人組が男の横をすり抜けて浴室に入ってきた。
幼さゆえの無知なのか、悪ふざけを始めた。
刺青の一団の表情が一斉に曇る。
不穏なムードを悟った男は、体を洗い終えると、たまたまひとけがなかった露天風呂へ、逃げ隠れるように直行した。
大きなガラス窓の内側では、子ども二人組が浴槽を泳いだり、床を泡だらけにして体をくねらせて遊んでいるのが見えた。
「今日はもう大人しく上がろう」
露天風呂を出て、内湯を通って、脱衣所に向かおうとした時だった。
立ちはだかる若い衆風情の男が一人。
顎でサウナの方を指した。
下手な抵抗をせず素直にサウナに入ると、全身刺青のいかにも「ボス」がいた。
「子どもはしっかり躾るのが親の役割ちゃいますか」
ボスは男の肩をポンと叩くと、
そのままサウナをあとにした。
「ちっ違います!!僕の子じゃあ…」
あとを追いかけようとしたが、入り口の向こう側で複数の若い衆が、小窓から男を睨み付けている。
誤解は明白だった。
だが、時すでに遅し。
腹いせに、サウナでの事故死に見せかけて殺そうとしているに違いなかった。
熱中症で意識が朦朧とする中、この時ようやく占い師の言葉の意味を理解した。
「内湯…遊泳、、、泡…踊り」
子ども二人組の悪ふざけと、占い師の滑舌の悪さを恨みながら、男は意識を失った。

返信

難しいお題ながら、なんだかだで今月も盛り上がってますね。
とりあえず投稿しましたが、もしかしたら微妙に直すかもしれないです。

返信

スーパー銭湯にて

「宇宙遊泳…
それと…
阿波踊り…
今日から3日間、この二つには充分気を付けなされ。
さもなくば人生最悪の出来事が降りかかるであろう」
興味本意で訪れた占いの館で、こう告げられたのが今から3日前。
宗教的でありながら、どれとも違うような、怪しげな衣装を身に纏った、いかにも「怪僧」という表現がピッタリの占い師だった。
滑舌の悪さも、怪しさを一層際立たせていた。
男は3日間を無事にやり過ごすことだけを考えて生活していたが、それも今夜さえ乗りきれば終わる。
「意識しすぎるのもかえって危ない。
とにかくいつも通りに…」
この日は毎月1回のお楽しみの日。
お気に入りのスーパー銭湯のサービスデーだ。
宇宙遊泳と阿波踊りとは全く無縁のこの場所で、時が過ぎるのを待つつもりだった。
ただ、この日はいつもと違った。
浴室に入った瞬間、刺青を纏った一団が洗い場を占拠していた。
さらに、やんちゃそうな子ども二人組が男の横をすり抜けて浴室に入ってきた。
幼さゆえの無知なのか、悪ふざけを始めた。
刺青の一団の表情が一斉に曇る。
不穏なムードを悟った男は、体を洗い終えると、たまたまひとけがなかった露天風呂にへ逃げ隠れるように直行した。
大きなガラス窓の内側では、子ども二人組が浴槽を泳いだり、床を泡だらけにして体をくねらせて遊んでいるのが見えた。
「今日はもう大人しく上がろう」
露天風呂を出て、内湯を通って、脱衣所に向かおうとした時だった。
立ちはだかる若い衆風情の男が一人。
顎でサウナの方を指した。
下手な抵抗をせず素直にサウナに入ると、全身刺青のいかにも「ボス」がいた。
「子どもはしっかり躾るのが親の役割ちゃいますか」
ボスは男の肩をポンと叩くと、
そのままサウナをあとにした。
「ちっ違います!!僕の子じゃあ…」
あとを追いかけようとしたが、入り口の向こう側で複数の若い衆が、小窓から男を睨み付けている。
誤解は明白だった。
だが、時すでに遅し。
腹いせに、サウナでの事故死に見せかけて殺そうとしているに違いなかった。
熱中症で意識が朦朧とする中、この時ようやく占い師の言葉の意味を理解した。
「内湯…遊泳、、、泡…踊り」
子ども二人組の悪ふざけと、占い師の滑舌の悪さを恨みながら、男は意識を失った。

返信

@車猫次郎 さんご参加有難う御座います( ᴗ ̫ ᴗ )

車猫次郎さんのお話へのコメントも怖ポチも出来ず途方に暮れておりましたが、治ったみたいですね(*⁰▿⁰*)
もしかして、このお話も通知だけ来ておりましたが反映されていなかったのですかね(・・?)
何にせよ、治ってよかったです(⸝⸝•‧̫•⸝⸝)

さてこのお話ですが、あのお題から思い浮かんだとは思えない程サイバーなお話でびっくりしました∑(゚Д゚)
しかも文字数を確認したら661文字(区切りの米印は除く)と、結構ボリューミーな読後感と世界感だった筈なのに予想外のコンパクトさで、相対性理論の破錠を疑いました(@_@)

AI僧侶、私じゃ絶対に思い浮かばないお話ですね…
世界的な宗教では、キリスト教然り仏教然り、死後の世界が存在し、天命を全う後には天国や極楽へ逝く事が目的である為、前世も来世も無い機械と宗教のミックスは考え付きもしませんでした(✱°⌂°✱)
個人的に、このお話が切っ掛けで非生物と信仰についての考察に興味を抱きました。有難う御座います(*´꒳`*)

返信

『AI僧侶』
遊泳禁止の立て札の向こう側には、誰もいない浜辺が広がっている
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
俺は、きらびやかな袈裟を羽織った僧侶と二人、なだらかな砂地を歩いていた
この若い僧侶だが、一見すると昔ながらの坊主の姿をしているように見えるが、一ヶ所だけ異質なところがある
それはその頭部だ
そこだけ透き通っており、基盤やカラフルなコードが整然と詰まっているのが見てとれた
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
西暦20××年
人間の営みのほとんどは、AIが代わって行うようになっていた
僅かに芸術や宗教活動のみが、人間のみに許された営みとされていた
だが今日を境に、それも崩れていくだろう
このAI僧侶の頭脳には、世界中のありとあらゆる宗教に関する智恵や知識がインプットされている
古代の頃にあった豊作を願う原始的な踊りまでも
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
俺はAI僧侶と波打ち際に並び立つと、こう言った
「今日は、人間の宗教の歴史に大きな変革を与える記念すべき日となるであろう
さあ、詠え!母なる海に向かって」
AI僧侶は合掌すると、水平線に沈み行く太陽に向かって一心不乱に般若心経を詠じ始めた
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
その時だ
ピシリという空気の摩擦音がしたかと思うと、さっきまで隣に立っていたAI僧侶の姿が忽然と消えてしまった
驚いた俺はわけの分からないまま、後ろを振り向いた
すると50メートルほど後方に、ぼろぼろの袈裟を着た白髪の老人が立っているのが見える
その右手に構えた大型のレザーガンの銃口からは、黒い煙が起ち上がっていた
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
老人は俺の顔を睨むと、「人間に許された最後の領域に踏み込む権利など、あんたなんかには絶対にないんじゃ」と言い放ち、銃口を自らの口に咥え、引き金を引いた

返信

@モナー さん初めまして。ご参加有難う御座います( ᴗ ̫ ᴗ )

世間話のような軽い語り口で紡がれる、スッキリとしない不穏さが残るお話ですね( °-° ) ( °-° )

語り手のたどたどしさには隠し切れていない怯えが垣間見え、わざわざ意見を伺うような話し方には、纏わりつくような不安感が滲んでいるようです…(~_~;)

信じたいとは思いつつも、頭を過ぎる「死ねばよかったのに」オチの可能性…、事故が先か、僧侶が先か…、さもそもその僧侶の正体は…?
「余計な事は考えない方がいい」という言葉が重く泥だまりを作っているような、後味までたっぷりなお話でした(л・▽・)л

返信

『交差点にいた変な人』

ついこの間の話なんだけど

家の近くには交通量が多くて危ない交差点があって

月に一、二回くらいの割合でそこで事故が起きる。

いわゆる「魔の交差点」ってのがあるんだよね。

で、この間用事があって交差点を渡ろうと信号を待ってたんだよ。そしたらなんかぶつぶつ言いながらハゲたおっさんが隣に来て、交差点の真ん中の方をじーっと見てるのよ。

見た感じだと何か徳の高そうなことしてる僧に見えるんだけど、ずっとぶつぶつ、ぼそぼそ何か言ってる。

もう気味が悪くて早く信号変わらないかなーって思ってたら突然踊りだしたんだよ。本当に突然。

ゆらゆら宇宙遊泳しているような動きで、お経?みたいなの唱えなえてるの。

俺がぽかーんとして見てたら、これまた突然ポケットに手を突っ込んで小さな鈴をだして、手の甲で拍手しながら鈴をシャンシャンって鳴らし、一定のリズムを刻み始めた。

シャン シャン パン シャン パン、シャン シャン パン シャン
みたいなリズムだったと思う。

もしかして、悪霊が事故が起きないようにこの交差点を清めてくれてるのかな?

信号が変わって、俺はとっとと向かい側に行ったんだけど、振り向いたらまだ踊ってる。

変な人も居るもんだなー、と思いながら俺は先を急いだ。

用事が終わって家に帰る途中、またあの交差点に来たんだけど、まだいた。しかも踊りながら。

やってることが良いことだと思い込んでても怖い。

信号が変わって、さーっと横断歩道を途中まで渡った瞬間だった。

ドガンッ!てものすごく大きな音が聞こえて、衝撃が来た。横見たらトラックが電柱に突っ込んでるの。しかも、俺がさっきまでいたところに。

もし、あの時とっとと渡っていなかったら今頃俺は…。

おじさんがいなかったら確実に死んでたな俺。と、心のなかで感謝してたら、ここにも聞こえるくらいの大きな音でチッ!って舌打ちされた。

これは自分の力足らずで危うく俺を事故に巻き込みそうになった…という自戒の念なのか、それとも…。
                      (801文字)

返信

國丸さんコメント有難う御座います(=゚ω゚)ノ
そうなんですよ!難しくて良い練習になるんですよ(੭ ˃ω˂)੭ु⁾⁾
私も元々はよもつさんの掲示板の参加者(読者)から短編の三題怪談を始めたのですが、本当に勉強をするのに良いなって思いますね(*´꒳`*)

書き直しについては解説欄のとおり、いくらでもやり放題ですので、何も気にせずどんどん修正して下さい(л・▽・)л
また、怖い話への投稿もご自由ですから、文字数も気にせず加筆・リメイク版でも何でもして貰って構いませんヾ(๑╹◡╹)ノ"

またインスピレーションが湧いた時にでも、是非ご参加頂けたら嬉しく思います(๑˃̵ᴗ˂̵)b

返信

ふたばさま こんにちは。
コピペもロクにできない自分にいじけつつ、気づかれる前に書き直せてホッとしています。
800字の中にお題を入れて物語を書く。大変ですね。
毎月楽しみにしながらも、自分にはできないなあ。と思っておりました。たまたま二月のお題の阿波踊りにインスピレーションを受けて、他のお題と800字を意識しながら書いてみましたが、中々800字にまとまらなくて…
いくつかのエピソードを消し、文字数を減らすために表現をかえてみたりと、足掻き苦しみました。
これ勉強になりますね。
最初は消しては書くを繰り返していたのですが、途中から原本を残しながら文字数を減らすべく奮闘しました。
中途半端な原本になってしまいましたが、掲示板に投稿したものと比べると面白いかも…なんて思っています。
書き直す前に投稿した作品のコメント(削除済み)にも書きましたが、私は文章は削げは削ぐほど洗練されるものだと思っています。無駄な文章は作品が野暮ったくなる。でも削ぎすぎると意味がわからなくなってしまう。
難しいですよね。出来栄えは棚にあげまして、今回はとても勉強になりました。ありがとうございました。☺️

返信

@國丸 ご参加有難う御座います( ᴗ ̫ ᴗ )
というより、先の投稿の方に気が付けておりませんでした…orz

個人的には、1番嗣人さんが好きそうなお話のように感じました(*´꒳`*)
まるで百鬼夜行のような賑わいですが、輪になって踊る阿波踊りと、輪をなぞるように描かれる曼荼羅が重なるようにイメージが浮かびますꪔ̤̥ꪔ̤̮ꪔ̤̫

元々曼荼羅は、文字が読めない人々の為に色々なシーンを物語調に並べて教えを伝える為のものですからね。きっと人類が誰だけ言語を進化させようとも、逆に人類が原始時代へ戻ろうとも残り続けるのでしょう(`・^・´)

返信

すみません。コピペするときに一行消えていたのに気づかず、お題が一つ消えてました。
恥ずかしいので、前のは削除させて下さい。

返信

『阿波 曼陀羅』

陽が落ちて尚、蒸し暑さが続く徳島の町は、祭りの騒きが混沌たる世界を生み出していた。
そんな町から離れた静かな山の奥地に、人集りがあった。老若男女を問わず、皆阿波踊りの衣装を身に纏い、一人の僧侶の前に頭を垂れている。
皆が集まったのを確認すると、僧侶は両手を広げた後、前で韻を結んだ。
それが始まりの合図だった。同時に笛と太鼓の音が鳴り響き、人々は嬌声をあげ踊り始めた。
エラッヤッチャ ヨイヨイヨイ!
人々のかけ声が楽の音を追い、踊る熱が静かな山の空気を裂いた。汗と熱と楽が混じり合い溶け合い上昇する。
皆、踊りながら輪をつくる。先程まで人であった者たちは、本性を剥き出しに気がつけば狸や狐、一つ目や鬼の姿になっている。ここにいるのは皆、物の怪だった。
僧侶は踊りの輪の中でひたすら韻を組んでいる。
やがて踊りの輪は地を離れ、空高く舞い上がった。
物の怪たちは空中遊泳をしながら踊っている。
そこへ町の騒めきが押し寄せてきて、物の怪たちを呑み込んだ。人と物の怪の汗と熱と楽と踊りの狂乱。それらが混じり合い溶け合い、空に、美しく強靭な曼陀羅を創り上げていった。

僧侶は韻を解いて、曼陀羅を見上げてうなづいた。
これで暫くは大丈夫だろう。

時は移ろい今や時代は人の世だ。ここに物の怪の生きる場所はない。生き残るには人の世にうまく紛れ込むほかなく、できないモノは消えるのみだ。
曼陀羅は人が出すエネルギーと物の怪の妖力を混ぜて、踊っている物の怪たちに吸収させるための装置だ。

こんなことをしなくとも、人と物の怪が共存できる、そんな世になればいい。
そう思う僧侶の耳に踊りへと誘う楽が流れ込む。

エラッヤッチャ エラッヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ!
踊る阿保に見る阿保 同じ阿保なら踊らにゃソンソン

僧侶は笑って袈裟を脱ぎ捨てた。
天狗の姿に変化した僧侶もまた、曼陀羅の一部になるべく宙を舞った。

返信

うーん…怖くなりませんね(「´・ㅿ・`)「
殺伐とした怖話に突如現れた可愛いお話ですが、お題の自然感は気に入ってます(°▽°)

ちなみにお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、九州の猫獄山がモチーフです(*ฅ́˘ฅ̀*)
嗣人さんが九州ご出身の方との事ですので(。・~・。)ノ

返信