中編4
  • 表示切替
  • 使い方

テトラ

男は目が覚めた。

男『何処だここわ…』

そこは、一見しただけでも日本ではないという事は確かだ。

部屋には太陽の光りが差し込んでいて部屋の中の状況が良くわかる

古びた小屋のような感じでドアが一つあり

窓からは荒野しか見えない

男『なんでこんな所に俺は居るんだ』

男はとりあえず外に出ようとした

しかし、ドアは頑丈にロックされており窓ガラスも防弾ガラスのように頑丈だった。

古びた小屋のような部屋の風貌からは想像つかないくらい頑丈である。

すると突然警報のようなものが鳴った。

『ビービービー…』

男『!?』

するとドアが開き

一人の外国人男性が特殊部隊みたいな格好をした2人に連れられて入ってきた。

その男性は見た感じはインド人

しかし何かに怯えている様子だった。

男は特殊部隊みたいな格好をした奴に

男『おいっ!!ここは何処なんだよ!おれは何もしていない!はやくここから出してくれよ!!』

と言った。

だが、奴らは

何も言わずにドアを出て

再びドアを頑丈にロックした。

インド人は男に見向きもせず

ただ震えてうずくまっていた。

男『これから一体なにが始まるんだ…』

男もこの異様な状況に恐怖心が増していった。

しばらくすると

男が理解できない言葉でアナウンスが流れた

男『…?』

すると

インド人『アァァ〜!!』

インド人がいきなり叫んだかと思うと、

彼は部屋の隅に移動し

まるで何かを待ち構えているような体制をとった。

男『これから何か始まるのか…?』

男は動揺していた

すると

日本語でアナウンスが

『今からテトラをいれる』

男『テトラ…?』

テトラってなんだ?

男の頭の中は混乱していた

だが、男は

インド人は『テトラ』に怯えているという事がわかった。

男『テトラとは一体なんなんだ…?』

再び頭の中に『テトラ』という言葉がよぎる

エイリアン?

何かの生物??

有害物質???

なにかの病原菌????

爆弾?????

様々なものが男の頭をよぎる…

すると

天井から長い管のようなものが下りてきた。

男『液体か?毒ガスか??』

インド人『ウァァァア!!』

インド人は両手に拳を握り、いまにでも倒れそうなくらい息が苦しそうだ。

男『どうやら毒ガスみたいだな…とんでもない事に巻き込まれた………』

男は

『生きる』

という事を諦めかけていた

どんだけ息を止め続けても結局はガスを吸ってあの世だ…

すると

毒ガスでもない液体でもない何かが入ってきた。

男『……ん?』

何かが部屋の中に解き放たれた。

男『まさか、これがテトラ?』

男に

『生きる』

という希望がみえてきた。

インド人は『テトラ』を見て発狂しながら暴れている。

男は冷静に『テトラ』を目で追っている。

男『テトラのどこに対してこのインド人は怯えているんだ…?』

『テトラ』がインド人に近付く

インド人は泣き叫びながら『テトラ』から逃げるように部屋を走り回る。

その時!!

『パンッ!!!』

その音と共に部屋の中は静まる。

どうやら男が『テトラ』を殺したらしい

インド人は恐怖心から解放されその場に崩れ落ちた。

男はどうやら手で

『テトラ』

を殺したらしい。

男は自分の手を見て

改めて思った…。

男『テトラって…やっぱりただの蚊じゃん』

そう

奴らが『テトラ』と呼んでいた生物は

日本で言ういわゆる『蚊』だったのだ。

『テトラ』を殺したことによりドアが開いた。

インド人はまだ立てずにいた

男は部屋からドアを抜け外へ

すると

2人の特殊部隊みたいな格好をした奴と

一人の科学者みたいな奴が立っていた。

科学者『実験に協力してくれてありがとう。詳しい事は後で…』

そう言って科学者は部屋へ入っていった。

男は特殊部隊みたいな奴らに案内され飛行機へ乗り込んだ。

しばらくして

科学者が飛行機へ乗り込んできた。

そして飛行機は出発

科学者は男の隣に座り、なにやら話しを始めた。

科学者『勝手に私の実験に付き合わせて悪かったね』

男『実験ってなんの実験だったんだよ!!まさか、俺の体の中に変な物とか…』

科学者『いやいや、実験は至って簡単なものだよ』

科学者『今回はたまたま君が被験者になってしまったみたいだけど、『蚊』を知っている人だったら誰でも良かったんだよ。あの外国人以外はね』

男『…?』

科学者『今回の実験っていうのは

《誰かから教えてもらう学習》

をした人間と

《自分で経験して学習》

した人間を比べる実験だったんだよ』

男『…?』

科学者『君は《蚊》について誰かから教えてもらったか?』

男『いや…特に』

科学者『日本には《蚊》が生息しているから、《蚊》についての知識なんてもんは君が小さい頃に《蚊》に刺されたっていう経験をもとに《蚊に刺されたらかゆくなる》といつの間にか学習したはずだ』

男『まぁ…、言われてみれば《蚊》っていう虫を誰かに教えてもらったってわけじゃないし…いつの間に《蚊》っていう虫を覚えていました』

科学者『そうだろ?では、日本は《蚊》が生息しているからいいけど、もしも《蚊》が生息していない国の人に対して

《この生物(蚊)に刺されたり触れたりすると死んでしまう》

って違った事を教えたらどうなるのか…?』

科学者『って疑問が浮かんでね、今回の実験を行ったんだよ。まぁ、実験するような内容じゃないんだけどね。』

男『はぁ…(タメ息)』

男は

自分も今

騙されているんじゃないかと思い科学者の言っている実験内容が本当なのかどうなのかを疑った。

そして、

男は人間不信になってしまった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ