短編2
  • 表示切替
  • 使い方

面接

高校の頃、学校からチャリで15分位のファミレスでバイトをしていた。

ファミレスの従業員は殆どが主婦や学生ばかりで、正社員は店長と副店長の2人だけだった。

今回はその副店長の話。

その方はYさんと言って、真顔で冗談を言うから本当か嘘か判断しづらく、ちょっと取っ付きにくいタイプだった。

そんなある日、バイトに行くと店長からYさんが退職したと聞かされた。

俺はそこまで仲良くなかったし、どちらかと言うと苦手だったので、正直辞めようが、辞めまいが関係なかった。

ただファミレスを退職した後、運送屋で働く事になったと、事情通の先輩Aさんに聞いた。

それから4年。

俺はバイト上がりから、そのまま正社員に登用してもらい就職した。

そして俺も役職が付き、副店長を任されるようになった。

ある日、事務仕事をしていると電話がなった。

電話の内容はバイト希望との事だった。

すぐに日程を調整し、翌日に面接をする事にした。

最後に名前を伺ったのだが、その方はYとなのった。

前述のYさんと同じ名字だったが、どこにでもいる名字なので全く気にしていなかった。

翌日•••

面接に来たのは、あのYさんだった。

俺はYさんが俺を覚えてないだろうと初対面を装うつもりだったが、Yさんは俺の事を覚えていた。

正直、面接はやりづらかった。

だって元上司だった人を今度は自分が雇う立場になるんだせ?

それにYさんは、やけに馴れ馴れしくしてきたし、あたかも採用決定みたいな態度だった。

数日時間をもらい、採用の場合のみ連絡を入れると伝えた。

数日後、俺はYさんに電話をすることはなかった。

ようするに不採用だ。

理由はシフトの時間帯が合わなかった事と、元社員なんてプライドもあるから遣いにくい。

それに後から来て、デカい態度を取られたら、他のアルバイトの方に悪いから。

話はこれで終わるはずだったが、後日嫌な話を聞いてしまった。

あのYさんが、近所の神社で首を吊ったとの事。

無職で奥さんと娘さんにも逃げられた。

遺書はなかったが、上着のポケットには、切り抜いた求人誌があり、俺の働いている店の掲載欄に赤マルが付けてあった。

Yさんからしたら、最後の望みの綱だったのかも•••。

怖い話投稿:ホラーテラー 関脇さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ