短編1
  • 表示切替
  • 使い方

温かい手

三年前のことです。父が咽頭癌で亡くなりました。父方の祖父の財産目当てで今まで音沙汰がなく法事にさえも顔だししなかった父の兄夫婦がやってきて何の罪のない私たち一家への度重なる嫌がらせが始まりました。ついに精神的に滅入った私は過呼吸になり倒れました。初めての過呼吸なのでどうしていいのかわからず高校生の弟が背中をさすっていたら白い手がスーッと私の胸に手をあてました。色白で指の長い綺麗な女の人の指でした。その手をみて安心したのかスーッと私も眠りにつきました。翌日の納骨では親戚中が父の兄夫婦に白い目を向け私たち家族を温かく見守ってくれました。あの白い手が守ってくれたんでしょうか?

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ