中編5
  • 表示切替
  • 使い方

本音と建前

俺は小売業で、いわゆる「バイヤー」をやっていた。

簡単に言えば、メーカーから品物を「安く仕入れる」仕事だ。

仕入れ値が安ければ、その分儲けは多くなる。

簡単な理屈だがメーカーも儲けの為にはなかなか仕入れ値は下げない。

そこを何とかあの手この手で下げさせるのがバイヤーの手腕であり、俺も随分メーカーの営業を泣かせてきた。

これだけ仕入れてるんだから、お宅以外にも取引先はたくさんある、この値段で出せないならもう取引停止だ、等などかなり強気にやってきた。

そんなやり方だったから、俺と商談する営業の中には体を壊したり、精神を壊したりする奴も結構いた。

担当が替わるたび、新しい担当がオドオドした目で俺を見てくるのが不愉快でもあり、苦痛でもあった。

そんな中、唯一俺の強気な商談にも、いつも調子良く答えてくれるTという営業がいた。

他社が逃げ出すような値段でも、ちょっと考えただけで「わかりました!」と快諾してくれるTは、俺にとっても非常に有難い存在だった。

Tとの付き合いは長く、仕事を離れて飲みに行ったり、互いにお中元、お歳暮など送りあったり、今では数少なくなった「古き良き付き合い」をしていた。

そんなTが、あるときこんな事を言った。

取引先メーカー内で、俺の存在が日に日に煙たくなっていると。

Tは長い付き合いもあってか俺に同情的だったが、担当がコロコロ替わっている他のメーカーは、俺のやり方にもううんざりしていると。

俺は、日ごろから言われている事だ、と笑い飛ばしたが、商談の最後にTが神妙な顔で

気をつけた方がいいですよ、と俺に言ったのが印象的だった。

それから程なくして、実害が出始めた。

俺の家に嫌がらせの張り紙や、無言電話がかかってくるようになった。

妻は社内結婚ということもあって、俺のやり方はわかっており、それに対する嫌がらせだということもわかっていたので、張り紙をはがし、無言電話は無視するかすぐ切るという冷静な対応をしてくれた。

だがある夜帰ると、妻の顔色がすぐれない。

ポストを見てきて、と微かに震えた声で言う。

何事かと思いポストを見ると、血塗れの塊が入っている。

何かの内臓のような、肉片だった。

俺は、嫌がらせにしては度が過ぎると思い、次の日出社すると、片っ端から取引先に電話をした。

営業たちは慌てて否定していたが、犯人がこの中にいることは明白だった。

信頼のおけるTにも内容を話し、取引先同士の横のつながりから、犯人の目星をつけて

もらうよう依頼した。

Tも乗り気で、探偵ごっこみたいで楽しそうですね、などとのんきなことを言っていた。

電話口で、全員に対して犯人扱いをし、金輪際こんな嫌がらせはするな、ときつく言い放った俺だったが、その後も嫌がらせは終わる気配が全くなかった。

毎日のように商談で俺に会いにくるTの方も、手がかりは掴めていないようだった。

業を煮やした俺は、玄関に小型のビデオカメラを設置した。

植え込みに隠すように設置し、テープの時間目いっぱいまで録画した。

映っていればしめたもの、動かぬ証拠として犯人を呼びつけてテープを見せつけてやるつもりだった。

そして、カメラを設置した翌日、録画されたテープを再生していた俺は、信じられないものを見た。

顔はよく見えないが、見覚えのあるネクタイが映っていた。

そのネクタイは、その日の商談でTがしていたものだった。

歳の割りに若いデザインで、もう若くないんだぞ、とからかった記憶がまざまざと甦ってくる。

信じたくない気持ちと、裏切られた気持ちで俺はTとの商談を迎えた。

Tは変わらずいつもの調子で笑いながら「手がかりはまだつかめない」などと言っている。

俺はこらえきれず切り出した。

ビデオカメラを設置していたこと、人影が映っていたこと。

ネクタイに見覚えがあったこと。

Tはそれらを聞いたあとも、いつもの調子を崩すことなく笑っていた。

「そうですか」と。

俺はその様子にたまらなく不気味なものを感じ、Tをそれ以上問い詰めることができなかった。

Tの上司から俺に今回の件についての説明をするように、と言うのがやっとだった。

Tは笑いながら「わかりました」と答え、去っていった。

それから2週間、Tとは音信不通になった。

Tの上司が、後任と思われる若い営業を連れ、

菓子折りを持ってやってきたのは3週間後だった。

上司は、俺との挨拶もそこそこに土下座した。大変申し訳ありません、と。

俺はまだTに裏切られたショックが癒えず、激昂する気力もなかったので、ただ説明を求めた。

何故Tは俺に嫌がらせをしたのか、毎日のように顔を合わせていて、それなりに信頼関係もあったはずなのに。

そして上司の口から説明をするよう求めたのに、3週間も待たされたのは何故なのか。

これらの事を話していると、みるみる上司の顔色が変わってきた。

後任の営業も言葉を失っている。

訝しげにその様子を見ていると、上司は「これから話すことは、的外れかもしれませんが」と前置きした上で話し始めた。

その内容を聞いているうち、俺は気が狂いそうになった。

そもそも、Tは3ヶ月前に俺の担当を外されていた。

そして後任の営業が決まり、社内での引継ぎも終わり、あとは俺への挨拶だけ、というところまで行っていたが、Tは頑なに後任を俺に会わせようとはしなかった。

「お前じゃあいつの相手はできない。あいつは人の皮を被った悪魔だ」と、Tは後任に言っていたらしい。

そしてTは毎日のように無断で外出を繰り返し、2ヶ月前には停職処分となっていた。

停職となった後も、Tは後任に電話をかけ、俺の元に行かないように念を押していた。

後任もTのあまりの気迫と異様な執着を不気味に感じ、俺に会いに来れなかった。

そして1ヶ月前、自宅で首を吊っているTが発見された。

Tの社内では大騒ぎになったが、俺への連絡は後任に任され、後任は後任でまだ俺への挨拶も済ませていない手前、いきなり「Tが自殺しました」と言い出すことができず今日に至ったと。

Tは担当を外されても何故、俺の元へ毎日のように来ていたのか。

1ヶ月前に死んだTが、何故3週間前に俺の家に嫌がらせをし、翌日の商談に現れたのか。

今ではもう知るすべはない。

霊なんて信じちゃいないし、例え3週間前に現れたTが霊であったとしても、それは些細な問題だ。

俺が一番怖かったのは、人間の情念と、建前と本音の落差だ。

表面上の付き合いをうまくやれる奴ほど、その反動として裏の顔が凄まじいものになる。

俺は程なくして会社を辞めた。

今でも最後に会ったときのTの無機質な笑顔をふと思い出す。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ