中編2
  • 表示切替
  • 使い方

相性

初投稿、一応実体験。

あまり怖くないし、一晩にあったこと全て書くから長いと思う。

それでも良ければ。

相性にも色々あると思う。

恋愛の相性、仕事の相性、友達の相性etc…

これは霊が怖いって類いの話ではなく、霊に関わらざるを得ない奴が、1つの知識を得た経験話。

大学の時私は一人暮らしをしていて、夏休みに実家に帰ることにした。

地元で懐かしい顔ぶれにあい、友達KとTとドライブでもするかーって話になったんだ。

夜12時から明け方4時まで、海沿いを走ってた。

ドライバーのKの疲れ具合を察して、海水浴のできる所で休憩を取ることにした。

車から降りて潮風が気持ち良いなぁと話していると

ドン…ドン…ドン…

とウーハーの音漏れのような音がする。

…近くに車は無いのに。

何の音だろうなってKに話しかけると、

「そんな音するか?」

と言う。

私にはハッキリ聞こえていたので、よく聞けと言うと、

「あー本当だ。遠くに花火上がってもないし、車もないし、なんだろ?」

と気づいてくれたはいいが

「なんのこと?なんも音なんてしてないじゃん。」

とT。

私「お前耳悪かったっけ?(笑)さっきは音小さかったけど今はハッキリ音してるのに。」

と言うがTは聞こえないを主張する。

その間にも音はどんどんでかくなってる。

…海の方から何かが近づくように。

これ聞こえちゃまずい音なのかなーと思い、そろそろ出発するかと言うとKが賛成してくれた。

きっとTには?がいっぱいだったことだろうな。

まぁその音が実は~なんて落ちもなく、ここではこれで終わりだったんだ。

ただ、その後帰り道が大変。

それから30分位走った辺りで煙が道路に流れてきてたんだ。

そこは山道で人気どころか民家もない、森の中を国道が突っ切ってる場所。

火元もないのに変なの。と思っていると

「目ぇ閉じろ!」

っていきなりKが叫んだ。

普段穏やかなやつだけにビックリ。

と同時に、それだけの緊急かな?と思って目を閉じる。

10秒位してからもういいぞと言われるまで黙って目を閉じてたが、開けてすぐに何が起きたのか聞いてみた。

K「さっきは煙のなかに突っ込んだろ?目玉が一つ、こっちをガン見してた。」うわーとか思ってると

T「煙?そんなものなかったでしょ。」

…いやいや、進行方向のまん前にありましたよ。ハッキリ、大きく。

長いんで一回切ります。

怖い話投稿:ホラーテラー イタコの末裔さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
39700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ