短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ループ?不思議な話

怖い話ではありません。

15年前に私と父が体験した、不思議な話です。

私は、父と二人でドライブしていました。連休中と言うこともあり、長い渋滞に捕まり、なかなか前に進みません。

私達の前には、H市ナンバーの大型トラックが居ました。長い渋滞だったので、嫌でも前に居るトラックのナンバーは覚えてしまいました。

渋滞のストレスを溜めないよう、沢山会話してました。

そのうち会話が途切れると、父はラジオを付けました。投稿者のリクエスト曲が流れてきました。父が好きなビートルズの曲です。

ラジオから流れるビートルズの曲を聞きながら、また父と他愛もない話。

渋滞から約1時間半。

やっと渋滞から解放され、前のトラックは反対方向へ走っていきました。

私「やっと抜け出せたね~」

父「かなり時間ロスした。予定が狂ってしまったなぁ」

父は、遅れを取り戻すかのように車を飛ばしました。

約30分後…

また渋滞に捕まりました。

父は顰めっ面をしながら溜め息。

父「…なんか、また混んできたな」

父「…あれ………???」

私も、不思議なことに直ぐに気が付きました。

私「…え???」

(このトラックは………)

30分前の渋滞の時、私達の前に居た、H市ナンバーの大型トラックでした。番号から、プレートの汚れ具合から、何から何まで皆同じ。

渋滞を抜け出した時、全く反対方向に走っていったハズでした。

父「このトラック、また戻ってきたのかな?」

単純に私もそう思いました。

ところが…

先程の渋滞の時に付けて、そのままにしていたラジオから、また聞き覚えのある曲とDJの声が…。

ビートルズ…。

私「コレ、さっきやってたラジオ番組じゃない?!」

恐る恐る、時間を確認しました。

……30分程前の時間でした。

そうです。

私達は、30分前と同じ渋滞に捕まったのです。父と私は、ワケが分からなくなりました。

父も私も無言になり、早く渋滞から抜け出せないかとハラハライライラ。

また1時間半後、H市ナンバーのトラックは、また反対方向の道へ行きました。

不気味に感じた父は、今度はそのトラックと同じ方向の道を選びました。

かなり回り道になりましたが、無事ドライブを終えて帰って来ることが出来ました。

あの時間のループは一体何だったのか…

いまだに謎のままです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ