中編2
  • 表示切替
  • 使い方

怨念

幽霊なんて毎日のように見ていた。

人間か幽霊か分からない時もある。

そんな事を毎日のように言っていた私の弟の話。

朝起きると母の怒鳴り声が聞こえた。

どうやら弟が学校に行くのを嫌がっているらしい。

1つ上の私から見ても、弟は人懐っこく、イジメとかもなかった。

私が無理やり学校に連れていく事になった。

嫌嫌行く弟に何があったのか聞くと、言いたくないの一点張り。

まぁ今は言いたくないだけなのだろう、無言のまま学校へ行った。

授業が終わり学校から帰ると、すでに弟が布団に横たわっていた。

母に聞くと、早退したらしい。

なんでも気分が悪いとか。

そのまま夜になり、晩ご飯を食べている時だった。

たまたま付いていたテレビが心霊番組で、お坊さんが机に座って何やら話している。

何気なく見ていたが、途中から弟に異変が起きた。

急に泣き出し、嘔吐しだしたのだ。

びっくりした私たちは直ぐ様部屋に連れていき、安静にさせた。

部屋から出ていかないで、と普段からの弟とは思えない程の対応がきた。

びっくりした私は、弟と一緒にいてあげる事にした。

それからは無言で、弟は静かに眠りに就いた。

時折部屋の外から足音らしきものが聞こえてきたが、あまり気にしなかった。

朝起きると弟が静かに話しだした。

【ここからは弟が話していたように書く。】

1週間くらい前から誰かに見られているような気がしていた。

その距離が段々と近くなってくるような気がした。

三日後、あまりに後ろに気配が感じたので振り返ると、電信柱の陰から着物を着た女性がこっちを見ていた。

顔の色とか表情から見て、この世のものじゃないと思った。

それから何処にいても、その女性が現れる。

誰かに言うと駄目な感じがして言えなかった。

そして昨日、テレビを見ている時、テレビの中のお坊さんの横にその女性が座っていた。

口を広げて笑っていた。

その顔を見て恐怖が絶頂に達して気分が悪くなった。

昨日兄貴が部屋に居てなかったら、部屋に入ってきていたに違いない。

その時、私は鳥肌が立った。

昨日の足音はその女性だったのだ。

直ぐ様、お祓いに連れていった。

お坊さんによると何処でついてきたか、何で付いてきたか理由が全くわからないそうだ。

しかし凄い強い怨念らしく、1日では無理ということで週に一度通っていた。

徐々に怨念は消えていき、今では普通に暮らしている。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ