短編2
  • 表示切替
  • 使い方

走馬灯

凄い不思議な経験をした。

仕事が終わり帰宅、私はいつものようにバイクで国道を走っていた。

スピードは60キロ前後だったと思う。

私は事故にあった。

信号無視で飛び出してきた車の側面に激突。あまり減速しておらず、私は宙に舞った。

高さにして5メートル。(目撃談)

距離にして10メートル。

(私の目測)

私は初めて『死』を、感じた瞬間だった。

激突して宙を舞っている間、スローモーションのような感覚。

私の意識に 走馬灯 が駆け巡った。

小さな頃から、今までの記憶が、次々に描写されていく。機械的に脳から溢れだす感覚。

そして私の脳は、1枚の画像を抜き出した。

それは10年前、高校生だった私の記憶。

体育の授業風景、柔道をしている画像。

それだった。

この宙を舞っている1~2秒の間に、私は授業で習った『回り受けけ身』を思い出した。

今、考えたら少し笑える…

そして無事に肩から回るように着地。勢いが止まらず転倒したが、すり傷だけですんだ。

バイクは大破、10メートル飛ばされた私は、すり傷だけで救急車に乗った。

うん…奇跡的だ。

女の私は、柔道になんか全く興味がなかった。

高校生の数ヶ月の間だけ、選択授業でかじっただけだった。

これが私の経験した不思議な出来事。

そして初めて知った 走馬灯 の意味。

生きる為に、脳は自ら探し出す。

助かる方法を…

駄文を最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

怖い話投稿:ホラーテラー そらっぺさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2402
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

高校で柔道教えた教師も喜んでるだろ。

人間って不思議な生き物ですね。助かって良かった‼