溜めるもの(僕に出来る事)

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

溜めるもの(僕に出来る事)

僕は駅前で「殴られ屋」をやっている。

21時頃から終電まで、そこにいると、様々な人間が立ち寄っていく。

ほとんどが冷やかしだけど、

1発500円で、鬱憤を晴らす奴も少なからずいる。

上司のセクハラやパワハラ、

恋人、家族への不満、

世の中への不満、

理由は様々だけど、誰もが1発殴るとスッキリした顔で帰って行く。

もう、2週間、毎日ここに来ている。

昨日の収穫は、3千円だった。

まだだ…

もう少し…

もう少し溜まれば…

時間がない。

早くしなければ…

早く溜めなければ間に合わない…

僕は、焦っている。

今日は、少し早く家を出ようか。

夕方なら、若者も多いだろう…

あと少しだ…

時間がない…

急がなければ…

怖い話投稿:ホラーテラー 熊田さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ