短編2
  • 表示切替
  • 使い方

シロ

幽霊になるのは何も人間だけじゃない。

動物だって幽霊になって、

成仏もする。

ある動物病院で、患畜として預かった犬が亡くなった。

数日前から風邪を引いて伏せっており、

18歳と言う年齢もあってか、

あまり苦しまず眠るように息を引き取った。

人間で言うと約90歳。

大往生であった。

早朝なので家族が到着する間、

最期を看取った医師は、

テキパキと受け渡しの準備をしていた。

すると微かに、

ハッ、ハッ、と、犬の呼吸音が聞こえる。

すわ生きていたかと振り返り、

台の上の患畜を一応検査するが、

いかに自分がまだ新米でも、

生死の区別くらいは流石につく。

変だなと再び机に向かい、

書類を書いていると、

またハッ、ハッ、と聞こえてくる。

今度は振り返らず、

目の端で台の方を見る。

犬の足と腹が見えた。

台のそばに中腰で座っている。

台の上を見上げているようだが、

端目なので、顔はギリギリ見えない。

だが呼吸音は確かにそこから聞こえていた。

僅かに見える首輪は古そうな金属製で、

見覚えがあった。

さっき自分が、

最期を看取った犬の首輪だ―――。

突然、チャイムが鳴った。

家族が到着したのだ。

犬の幻影は消えた。

若い獣医師はこのことを、

早速恩師に報告した。

「まあ幽霊だろうね。私も沢山見たさ。」

「先生もですか?」

「今でも見るよ。それに犬だけじゃない。猫も鼠も、他にもな。」

「でも私が見たのは、白い犬でした。

患畜は黒いラブラドールです。」

「そりゃ犬だって大往生すれば、

死装束ぐらい着たいだろう。」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ