短編2
  • 表示切替
  • 使い方

隣人

僕は家賃3万8千円(水道代込み。風呂・トイレ付き。)の安アパートに暮らす貧乏学生だ。

近隣のアパートの相場は5、6万だから、激安という程ではないが、やはり水道代込みでこの値段は安い。

なのに、結構空き部屋がある。

確かにアパートの外装はボロい。

だけど、室内はリフォームしたばかりで、とても綺麗。日当たりも良い。

住み始めたばかりの頃は、もしかして昔何か事件でもあったのかな?とか、

幽霊でも出るのかな?なんて考えたりもした。

だけど、実際には何事もなく、平和な日々が続いた。

そんなある日。

僕は深夜、部屋で一人、酒を飲んでいた。結構酔っていたけど、まだまだ思考は正常。

アップテンポな音楽を聴きながら、少し陽気な気分になっていた。

僕は音痴だから、普段は殆ど歌わないんだけど、一人だったから誰にも聞かれないし、

お酒の力も加わって、ついつい声を出して歌っていた。

そしたら、隣の部屋から

「ドンドンドンッ!!」

と勢い良く、壁を叩かれた。

僕は、ヤバい!声が大き過ぎたかな?と思って、すぐに歌うのを止めた。

すると、壁を叩く音も止んだ。

ホッと一安心。

あれ?

僕が住んでる部屋は2階の角部屋(205号室)。

僕以外で2階に住んでる人は一人だけ。

その人の部屋は201号室。

202、203、204号室には誰も住んでいない。

じゃあ、たった今、204号室から壁を叩いたのは誰なんだ..

一気に酔いが醒めた。

僕はどうすることもできないので、とりあえず、204号室側の壁に向かって、

「音痴ですみません。」と謝り、布団に潜り込んだ。

その後は特に何も起こらなかった。

204号室から、たまに足音が聞こえるけど。どうやら隣人は一人ではないようだ。

冗談だと思われるかもしれないけど、実際に体験すると非常に怖い。

今も同じアパートに住んでいる。

でも、アパートでは絶対に歌わない。

怖い話投稿:ホラーテラー オディーさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
31800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ