短編2
  • 表示切替
  • 使い方

チャリンコのおっちゃん

今日の午前1時頃、タバコが切れたのでチャリンコで15分の所のコンビニに買いに行った。

片側4車線の道路(山手通)の誰もいない歩道を走ってると、何故か前によろよろのおじいちゃんらしき奴が、チャリンコをこいでる。

せまい歩道をよろよろジグサク運転で走ってるので、追い越すにに追い越せない。

車道を走ろうとも思ったが、路中の車が多くて逆に危ないと思い、仕方なくおじいちゃんのペースに合わせて、ゆっくりと付いて行った。

すると突然、そのおじいちゃんが歩道横の民家の壁に凄い勢いで激突し倒れた。

助けようかなとも思ったが、遅いペースにイライラしてた俺はこの隙に追い抜こうと思い、無視して前に出て、やっと自分のペースで走れると安心しコンビニに向けてこぎ続けた

300m位走ると赤信号に捕まり、しばらく待った後信号が青になったので走り始めようとすると、突然、何かが凄い早さで俺のチャリンコをかすりながら前に出て来た。

「うわ、危ねえ」とちょっとムカつきながらその物体を見ると、なんとさっきのおじいちゃんだったのだ。

さっきまでのヨボヨボさは無く、物凄い勢いでチャリンコをこいでる。

振り向きながら、俺の顔を凄い顔で睨んで、全力でペダルをこぎまくってる。

まるで競輪選手がフィニッシュするかのような様な勢いで・・・

そして、おじいちゃんらしき奴はあっとい間に見えなくなった。

俺はちょっと恐かったから、おじいちゃんに追い付かないようにゆっくりとペダルをこいだ。

すると数分後、前方から何か「ぎゃぁぁぁ、ぎゃぁぁぁ」と奇声が聞こえて来る。

その奇声はどんどん近くなって来るが、まっすぐな歩道の先には何も見えない。

そして次の瞬間俺はやっと気付いた。

そのおじいちゃんが、凄い勢いで「ぴぎゃぁああ」奇声を発しながら、車道の真ん中を逆走してこっちに向かって来たのだ。

俺は物凄く恐くなり、こっちを睨みながらすれ違ったおじいちゃんから視線を外し、とにかくペダルを全力でこいだ。

どうにかコンビニに到着し、30分程時間を潰してから帰った。

帰り道では事故があった様子も無く、おじいちゃんにも会わず帰って来れた。

おじいちゃんが幽霊なのか、ただのボケじいちゃんなのか分らないがとにかく恐かった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ