短編2
  • 表示切替
  • 使い方

不意打ち

wallpaper:4

私が、中学生だった時のことです。

うちの家族構成は母と私と弟(2人)で、母以外霊感のレの字もありませんでした。

母は、よく金縛りや霊らしきものをみたり不思議な体験をしたそうです。

nextpage

一方、私はそのような体験は全くなく、むしろ、霊体験をしてみたいと思っていました。

nextpage

ある時、昔飼っていた猫の話になり、

その猫は、突然いなくなってしまったので、

『何処に行ったんだろな、車にひかれてしまったんだろか。』

『もう年寄りだったからな、猫は死ぬ時、何処かに行くって言うしな。』

『可愛かったなー、また猫飼いたいな。』

などと言う他愛もない話をしていました。

nextpage

その日の夜、寝床についた時、ふと飼っていた猫のことを考えていました。

たまに車にひかれている動物を見ますが、あんな風に死んでしまったのかと思うと、可哀想で仕方ない気持ちでした。

nextpage

そんなことを考えながらも、いつの間にか寝ていたらしく、ふと目が覚めました。

夏なのに冷んやりして、肌寒く、耳鳴りまでしてきました。

今度は身体が動かないことに気がつきます。

nextpage

これが【金縛り】か。

などと呑気に考えていると、猫の鳴き声が聞こえてきました。

それも部屋の中から。

飼っていた猫が会いにきてくれたんだ、と思い目を開けると…

目の前に、お爺さんが。

まさかの猫じゃなくてお爺さん。

そんな不意打ちに私は、気を失いました。

shake

nextpage

これは推測なのですが、うちの住んでいるマンション(昔は動物の飼えるアパートにいたので猫が飼えました)は数ヶ月前に、お爺さんが自殺していました。

nextpage

顔を知らなかったので確かめようがないですが、あの夜いたのはそのお爺さんだったのではないかと思います。

なぜ、猫の鳴き声をしていたかはわかりません。

nextpage

でも、今も忘れられません。

無表情で見つめ、暗闇に浮かぶ、お爺さんの顔が…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6831
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

「お爺さん来てるから、驚くなよ!」と一声鳴いたのかな?