短編1
  • 表示切替
  • 使い方

双子

数日前に体験した出来事です。

長文、失礼します。

ネットで知り合い、意気投合した女の子と実際に会おうという事になった。 

趣味が合うし、話が面白くて、何よりお互いが双子という共通点に何より興味があった。

彼女はお姉さんを、僕は弟を連れて4人で会う約束をした。

約束した日の前日、弟が風邪で行けなくなったが、彼女がせっかくだし、3人でも良いというので決行する事になった。

ある大きな公園の池のベンチに夜の7時という彼女の指定。

当日静まり返った約束の場所で待っていると「○○さんですか?」と話しかけられた。 

実物の彼女は、なかなか可愛いコだった。

お互い軽い自己紹介をした後、

「あそこに座ってるのが姉の△子です。」と少し離れたベンチを指さした。

え?…誰も…見えないんですけど…。

「すいません。私と違ってシャイなんですよ。ねぇ、お姉ちゃんおいでよ!」

何の冗談?? あっけにとられていると…彼女は残念そうに言った。

「あなたにも見えないんですね…。」

そりゃあもう、猛ダッシュで逃げて来ましたよ。

その後、凄い数のメールが彼女から来ていますが恐ろしくて見ていません。

怖い話投稿:ホラーテラー たまさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ