短編2
  • 表示切替
  • 使い方

姉の話1

初投稿なので文章が変かもしれませんが、暇潰しにでもどうぞ。

これは私の姉が体験した話です。

さほど怖くはないのでそのつもりで。

…………………………………

去年の夏ごろ姉は彼氏と休みが重なって、京都市内に行っていた。

その帰り道のことである。

既に時刻は深夜0時を過ぎていた。

あともう少しで到着するというところで、ある峠を通った。

しばらく進むと前方に何かが見えた。

nextpage

それは人、おそらくはお爺さんだった。

あくまでも、おそらく。

なぜなら、片足は無く着ているものはぼろぼろで、全身黒ずんでいたからだ。

だからなんとなくお爺さんかな?と思ったらしい。

姉は思わず「怖い」と思った。

しかし彼氏の方は気付いていないようで、そのまま通り過ぎた。

nextpage

しばらく進むと前方に何かが見えた。

さっきのお爺さんだった。

また前方に何かが見えた。

さっきのお爺さんだった。

また前方に何かが見えた。

さっきのお爺さんだった。

また前方に何かが見えた。

さっきのお爺さんだった。

nextpage

ずっとその繰り返しだった。

だんだん姉はイラついてきて、また前方にそのお爺さんが見えた時

「フッ」と、お爺さんを鼻で笑った。

するとお爺さんはスゥっと消え失せた。

その後はお爺さんが現れることもなく、無事家に帰ってきた。

nextpage

後日、別の友人に聞くとその峠は昔処刑場があった場所らしい。

だが私がもっとも驚いたのは姉の行動だった。

何故そんな行動をしたのか聞くと

姉曰く、「ああいうのは見えてないふりをする、怖がらない、強気にでるっていうのが大切なの。」とのことだ。

……………………………………

長くなってしまってすみません。

他にも姉の体験談がありますので、今後も投稿させていただきます。

最後まで読んでくださり有り難うございました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6801
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

姉ちゃん強っ!