中編2
  • 表示切替
  • 使い方

今でもゾッとする

私が20才の頃、今でも思い出すとゾッとする不思議な体験です。

久し振りに親友と仕事帰りに『お茶しよう』と言う事になりました。

他愛ない話でもりあがり、気が付くと終電に一つ前ぐらいの時間になっていました。

急いで駅に向かい改札に向かおうとした時

一人の男の人が目に留まりました。

その人は、見るからに身体障害者と思われ 足も悪いようでした。

親友もその時何かを感じていたらしいのですが…

その時、私は何かわかりませんが、凄く嫌~な感じがしていたんです。

改札を出ると、3段程の階段があり続いて50メートル程の通路があり40~50段の階段を下りホームになっています。

改札を出るとすぐに

中年の優しそうな駅員さんが来ました。

通路の両端に貼ってある旅行のポスターを見ながら、駅員さんと話ながら3人で歩いていいました。

後5~6歩歩いたらホームに向かう階段…

駅員さんとはさらに先のホームへ行くからとそこで別れました。

そこで、たまたま後ろを振り返ると…

さっきの男が、

改札を出て最初の3段程の階段を足を引きずりながら降りて来ていました。

親友も又同じ様にそれを気にしていました。

そして…

いよいよホームへ下りる階段を一段下りようとした時…

私達2人の後ろにもうあの男がいました。

男は2人の後ろからいきなり飛び付いて来たんです。

もの凄いスピードでなければ追い付くはずない距離で、私達はあまりの驚きにパニクってしまい、思わず男を突き飛ばしてしまいました。

男は50段近い階段を転げ落ちていきました。

私達は

『冷静に! 冷静に!』と…

しかし…

『あの男さっきづーと後ろの方歩いてたよねぇ!』

『足悪かったよね!』

『どうやってあんなに早く後ろに来れたの!?』

『足音しなかったよね!』

『落ちたけどどうなった!?』

など2人で話しましたが、どう考えても分らず気持ち悪くてたまりませんでした。

しかし終電で帰らなくてはならなかったので、恐る恐るホームに向かいましたが、男は50段近い階段を落ちたにもかかわらず何事もなかった様に、ホームに立っていました。

私達は降りる駅が違っていたので、男と同じ駅だったらどうしよう…!

と、男を影から見ていました。

幸い私達の一つ前の駅で降りたので ホッ!としましたが

今でも、あの男の素早い動きと、近付いて来る時の気持ちや顔を想像するとゾッとしてしまいます。

怖い話投稿:ホラーテラー ひーちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
30500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ