中編2
  • 表示切替
  • 使い方

逃げたから

wallpaper:93

社会人になってからめっきり運動をしなくなっていたので、

よしっ、と心を入れ替え、ダイエットも兼ねて

毎晩1時間程度のランニングをすることが、最近の日課となっていた。

nextpage

その夜は飲み会があり、解散したのは夜の11時近くだった。

こんな時間だと、家にたどり着いて、ジャージに着替えて、さらに走りに出る、

なんてことをしていると寝る時間がなくなってしまうな、と思い、

居酒屋から家まで、携帯でルート検索調べてみると3キロ程度だったので、そのまま走って帰ることにした。

nextpage

軽いジョギングのペースで走り始める。

ヒールの低い靴とはいえ、やはり走りづらい。ショルダーバッグも邪魔だ。

街中を夜中に女が走っていると少し目立つが、だんだん人通りの少ない小道へ入っていく。

nextpage

少し足が痛む。やっぱり無茶しすぎかな、と思い始めた頃、トンネルに差し掛かった。

wallpaper:185

真っ暗で長い長いトンネル。明かりも少なく、トンネルの向こう側がまったく見えない。

ちょっと怖い。でも、ルート検索を見ると、ここを通りぬけないと、かなり迂回しないといけないようだ。

よし、思い切って走り抜ければすぐだ。と腹をくくり、私は薄暗いトンネルに向かって駆け出した。

タッタッタッタッ…

自分の足音と荒い息が、トンネルの中に反響する。

暑い。額から汗がとめどなく滴り落ちる。

nextpage

しばらく走り続けるが、なかなかトンネルを出られない。思った以上に長いトンネルのようだ。少し怖くなってきた。

どれだけ走ってきたんだろう。引き返そうかな。そう思い、足をゆるめ、荒い息を整えながら後ろを振り向く。

wallpaper:75

shake

shake

声にならない叫びが漏れた。

女だ。わたしの真後ろに立っていた。その距離は2メートルも無かった。どうみても普通の状態ではない。髪は乱れ、眼は血走り、肌色のぼろぼろの服を着ている。

何も考える間もなく、私は走り出した。

怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。途中で靴が脱げたが、かまわず走り続ける。

nextpage

「ねえ」

shake

耳元ではっきりと声がした。さっきの女の声だ、そう思った瞬間、背中が総毛立つのが分かった。

nextpage

「逃げるからだよ」

nextpage

え?

wallpaper:244

その瞬間、私の体は突如現れたトラックのライトに包まれた。ブレーキ音とともに、ドンッというにぶい衝突音が鳴り響いた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4831
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

トンネル通れない!!