中編4
  • 表示切替
  • 使い方

トンネル

あれは確か9月下旬だったかな。

地元で有名な心霊スポットに行くことになった時のこと。

私は16歳で原付の免許をとったけど、まだ乗り慣れないうちに乗らなくなった。

心霊スポットに行くことになった時、周りに車を持ってる人がいなかった。

が、歩いて行ける距離ではない。

そこで諦めればよかったが、バイクで行くことになった。

5人全員バイクで。

その心霊スポットはトンネル。

トンネルに着き、リーダー的存在の一人が

『一人ずつ行こうよ!出口出たら待ってて』

と言い出した。

ジャンケンで行く順を決め、私は負けた。

行く順は、私→A→B→C→Dとしよう。

私は一番に行くことになり、正直怖かった。

暗いトンネルっていうだけで怖い。

トンネルを入る時にエンジンをかけ、出口に着いたらエンジンを切る。

エンジン音が聞こえなくなったら次の人が来る。

こうしたルールを決め、私から出発した。

トンネルの中は暗闇。

通常あるであろう電灯もなく、真っ暗で先が見えない。

私は意を決してエンジンをかける。

乗り慣れないクラッチ式のバイクにまたがり、トンネルの中へ...

さっきの静けさとは一転し、私のバイクの音がトンネルの中で反響しひどくうるさい。

中は車1台が通れる幅。

緩く左にカーブしていた。

長さはたぶん150m程。

何事もなく終わった。

エンジンを切り、次が来るのを待つ。

トンネルの向こうでエンジン音がなり、Aが来る音がした。

・・・え?

こない?

暗闇の中待つのは、私には怖かった。

感覚的にはもう5分以上経っている気がした。

ようやく光がみえ、Aがきた。

『遅かったよー!怖かったんだよ!』

と私が言うと

『え?トンネル長くね?予想外w』

『うそー!?150mくらいだったよ?』

『絶対ない!結構走ったぞ?』

なぜ?なぜトンネルの長さが違うの?

私は困惑しながらも、3番手のBが来るのを待った。

BはAと比べ、早く着いた。

『何も起きないねー!』

なんて笑いながら来た。

私が

『長さどれくらいだった?』

と聞くと

『え?うーん150mくらいじゃない?』

と答えた。

やはりAだけ長く感じていたのだ。

Aは不思議そうに首をかしげていた。

4番手のCのバイクのエンジン音が聞こえた。

近づいてくる。

・・・あれ?

また?

なかなかCがこない。

でも音は聞こえる。

中で停まって何かしてるのかな?

私は暗闇に目を凝らし、Cを待った。

こない。

音は聞こえるのにCはこない。

AもBも不安になり、私達は走って中に入って行った。

あれ?入り口に戻った!?

Cは!?すれ違った!?

いや、あの広さで見逃すわけがない。

最後にくるはずのDが、不思議そうに私達を見ていた。

『なんで戻ってきたのー?あれ?Cは?』

ふとトンネルの方を向き直す。

聞こえていたはずのエンジン音が聞こえない。

今度は全員でトンネルに入る。

Dのバイクのライトで照らしながら歩いていく。

何もない。

誰もいない。

やはりトンネルは150m程だった。

出口が見えた。

私、A、Bのバイクがある。

何か・・・いる?

並んだバイクの向こうにCがいた。

『Cー!どうしたの!?どこ行ってた!?』

『・・・』

Cは答えない。下を向き震えている。

そして急にこちらを向き、私に飛び付いてきた。

『なんで!なんで、ここにいなかったの!?』

Cが叫んだ。

なかなか来ないCを探しに行った事を伝えると、Cは少し落ち着いたようだった。

そして『行こう、とりあえず行こう』とだけ言いバイクに乗った。

私達はCに続きバイクに乗り走った。

しばらく行ったところにコンビニがあり、そこで止まった。

中に入り温かい飲み物を飲みながら、Cが話し出した。

Cはトンネルに入り、出口へ向かって走り出したそうだ。

しかし走っても走っても出口がない。

私やAやBが行ったのを見ていたので、トンネルはそんなに長くないと思っていた。

妙な不安に襲われていると、後方から何かがくるのに気づいた。

車だ。

このトンネルの中では車はバイクを追い越せない。

狭すぎるのだ。

邪魔になってはいけないとスピードをあげた。

が、車はどんどん近づいてくる。

ぶつかる!?

そう思いミラーで車を見た。

すると・・・・・

車の中には誰もいないようだった。

怖くなりさらにスピードをあげる。

しかし逃げられない。

もうダメだ!ぶつかる!!!!!!

そう思った時、ようやく出口が見えた。

トンネルを抜け、すぐ道の端にバイクを寄せ車をかわした。

が、車は急停車し中から

『私が見える?』

女の人の声だった。

自分が見えるかどうか確認しているようだ。

Cは声は聞こえても、女の人は見えなかったらしい。

すると

『みえないのか!!』

急に図太い男の声になった。

『まだ変われないじゃないか!!』

と、Cに怒鳴り消えたそうだ。

Cはそのまま放心状態で立ちすくんでいたそうだ。

そしてトンネルの長さはとても長く、到底150mなはずがないと言っていた。

私達は車など見ていない。

それより私達はトンネルの中でCとすれ違っていないのだ。

Cは一体どこへ行っていたのだろう。

もし車の中の人か何かが見えていたら、どうなっていたのだろう。

私達はコンビニで夜が明けるまですごし、帰りは違う道で帰った。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3,4108
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こういうシンプルさが余計に怖い。

ありそうな話だけど怖かった。霊は何に変わりたかったのか…

東北です。こちらも心霊スポットといわれている○○城跡に続く道の途中にあります。
詳しくは伏せさせていただきたいです。
申し訳ありません。

皆様、コメントありがとうございます。
まだうまく文章を書くことができませんが、皆様のコメント等励みになります。
もっと読みやすく書けるよう勉強して、また投稿したいとおもいます。

読みやすく面白かったです。

文章上手くて読みやすかったです。
それにしても怖い話ですね。

かなり怖いです。