線路の罠。【姉さんシリーズ】

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

線路の罠。【姉さんシリーズ】

俺には4つ年上の姉がいる。「年上の」「姉」というキーワードだけ並べると、随分魅力的に聞こえるかもしれないが、実際はそう出もなかったりする。

第一、俺達は血が繋がっていない。同じ屋根の下で暮らしているし、苗字も同じだし、戸籍上も姉と弟で通っているが。俺達は本当の姉弟じゃない。義理の姉弟なのだ。

姉さんは結構な偏屈者である。人嫌いというか、他人と馴れ合うことが一切嫌いで、友人と呼べるような親しい人間もいないらしい。友人どころか両親ともロクに口を聞かないような徹底振りである。

両親も正直なところ、姉をどう扱ったら良いのか手を拱いているようだが……幸いにというか何というか、俺とはよく話をしてくれる。

「私に家族はいない。いるのは弟だけだ」とか言うような人である。怒らせると怖いのだが、実はちょっとブラコンだったりするのかもしれない。

そんな姉さんは俗に言う「見える」側の人間だ。幽霊、アヤカシ、怪異……。そういった、この世ならざるモノが見えてしまう体質なのだ。それは後天的なものではなく、先天的なものーーー生まれながらにしての力であるらしい。

かくいう俺も、姉さんと行動を共にしている内、何度か奇妙な体験に遭遇している。今から語るのは、割と最近に起こった話だ。逐一、それを報告しようと思う。

俺と姉さんは最寄り駅に来ていた。「図書館に行くから、お前も付き合え」と姉さんに命じられ、惰眠を貪ろうと考えていた俺の目論見は、早朝から崩れ去った。

俺達の住む町には図書館がなく、電車に乗って隣町にある図書館に行くしかない。俺は眠い目を擦り擦り、ぼんやりとホームに立っていた。姉さんは俺の隣で携帯ゲームに興じている。

ホームには疎らだが、サラリーマンやOL、ジャージ姿の学生などが電車を待っていた。ふとホームの端を見た俺は、異様なモノを目にしてギョッとした。

「枯れ枝か?」

それは茶色く細い、枯れ枝のようなモノだった。転がっているというのではなく、ホームの地面から生えているかのように、真っ直ぐ伸びている。

「……?」

寝ぼけているのかと思い、もう1度まじまじと視線を送る。枯れ枝のようなモノには、5本の細長い小枝が伸びており、時折その枝がメキメキと蠢いていた。

「ねえ、アレ何?」

隣にいる姉さんに話し掛けたが、「うっさい。今、ラスボスと戦ってんだから後にしろ」と突っぱねられてしまった。こうなると姉さんは駄目だ。何かに熱中している時は、話をマトモに聞いてくれないのだ。

はあ、と息をつく。恐る恐る横目で見ると、やっぱり枯れ枝らしいモノはあった。しかも、さっきよりこちらに近付いている気がする。

「…ひっ!」

気のせいか?目の錯覚か?いや違う。確かに枯れ枝のようなモノは、先程より近付いてきていた。

周囲の様子を窺うが、枯れ枝に気付く人はいない。1人だけ騒ぎ立てているのも嫌で、俺は平静を装って静かにしていた。視線だけは枯れ枝の方へと向けたまま。

枯れ枝は僅かずつではあるが、着実にこちらへと距離を詰めている。その距離5メートル…4メートル…3メートル…2メートル……

ーーーいや。あ れ は 枯 れ 枝じ ゃ な い 。

「……腕だ」

人間のーーー腕。肘から指先の部分だ。茶色く変色し、干からびてはいるが、それは紛れもなく人間の腕だった。

「ね、姉さん…!腕が!腕が来てる!」

「黙ってろ。あと少しで決着つくんだから」

「ゲームなんかいいよ!アレ見てよ!」

上擦った声を上げ、姉さんの腕にしがみつく。姉さんは面倒臭そうに顔を上げると、俺が指差す方角を見た。そしてすぐ、携帯へと視線を戻してしまった。

「ちょっと!姉さん!」

「分かった分かった。もう少しでクリア出来るから待ってろ」

待ってろって言われても、腕は待ってくれない。指の関節をワキワキと動かしながらも、腕はゆっくりと俺の方へ近付いてくる。

「うわっ…!」

俺は思わず姉さんに抱き付いた。その瞬間、「よっしゃあ、クリア!」と嬉しそうに叫ぶ姉さんの声がした。どうやらゲームクリアしたらしい。

もう腕は俺の足元まで来ている。今にも足首を掴んできそうだ。怖くて怖くて、姉さんの腰に回した手に力が入る。姉さんは俺の頭をポンと軽く叩くと、右足を振り上げ、あろうことか腕を思い切り踏みつけた。

「っ……」

腕はジタバタともがいていた。指を折り曲げたり伸ばしたり、手首を動かして何とか逃げようとしていたみたいだが、それを許す姉さんではない。

「痛いか?痛いだろ?痛いよな?ざまぁみろ。弟に手ェ出すとこうなるんだよ。っふふふ……ふふ、ふふふふっ。ふふふっ。アハハハハハ……!」

グリグリと。まるで煙草を踏みつけるかのように、姉さんは力を入れて腕を踏み潰す。姉さんの目は大きく見開かれ、白目がなくなってしまうんじゃないかと思うほど黒目が大きくなっていた。大声を上げて高笑いしたいところを必死で堪えているのか、唇の端がピクピク痙攣している。

……正直、その時はもう腕より姉さんの方が怖かった。

腕は暫く抵抗していたが、やがて力尽きたように動かなくなり、最後には煙のように消えてしまった。

Normal
閲覧数コメント怖い
5,31212
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

Licoさん 紛粧楼さん 黒猫さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

かなり前に書いた作品でして……。皆様から頂いたコメントを機に、こうして見直す機会を得ることが出来ました。重ねて感謝致します。

電車に纏わる怖い話といえば、私も一度だけ体験致しました。電車に乗っていたら、急停車したので何事かと思ったら、前方に見える駅で女性が身を投げようとしていたのだとか。

運転手の方がいち早く気付いて急停車してくれたから良かったものの……そうでなかったら生きた心地がしません。その女性は駆け付けた救助隊の方に保護され、無事でした。

怖い押しました。

姉さんが…

姉さん…(;・ω・)

怖いけど
そんな姉さんが好き!!

わろたww

欲求不満様。コメントありがとうございます。

姉さんは完璧なブラコンです(笑)。もっとSっぽくしたいですね(笑)。

弟君に彼女が出来たら……怒り狂い、何が何でも別れさせようとする気がします。物凄く嫉妬しそうですね(笑)。

ね…ねえさん…怖い。

弟が腰に腕を…なんだか羨ましい。

姉さんは弟が好きなんですね。今後、弟君に彼女とか出来たらどうなるだろう(笑)

ngt kazu様。コメントありがとうございます。

姉さんシリーズを気に入って頂け、私もテンションが上がります(笑)。

姉さんは私の中では「めぞん一刻」という漫画の「音無惣一郎さん」というイメージがあります。あの漫画では、最後まで読者に惣一郎さんの顔を公開しないという方針がありました。

姉さんの出生につきましては、ぼんやりとした粗筋は考えてあるのですが、公開するかどうかはまだ決めていません。その代わりと言っては何ですが、次回はチラリと姉さんの過去に纏わる話を掲載させて頂こうかと思っております。

もし宜しければ、そちらに目を通して頂けると有り難いです。いつもありがとうございます。

チェリッシュ様。コメントありがとうございます。

姉さんシリーズを気に入って頂き、私もとても嬉しいです。拙い話にプラスされ、詳しい描写やオチのない話ではありますが、姉さんシリーズは私にとっても思い入れの大きい作品ですので、続けられる限り続けていこうと思います。

ありがとうございます。

端美豆様。コメントありがとうございます。

いつもいつも、励ましのお言葉を掛けて頂き嬉しく思います。
冒頭の説明文ですが。姉さんの出生について詳しく描写出来ない分、前置きの説明で少しずつ姉さんの人となりや価値観を書いていこうと思っております。とにかくブラコンな姉さんです(笑)。

次回は読者様のご要望にありました「過去」バージョンを掲載させて頂こうかと模索中です。

姉さんシリーズ大好きです。
是非とも姉さんの過去にも言及してください(笑)

ネェさんシリーズ全部面白いです

これからのお話期待しております

ヤバイ!
ネェさん…
笑ってしまった…
小枝がワキワキとか、ネェさんの高笑いを我慢している所とかww
ケータイゲームも気になるw

それはさておき、毎回文頭のネェさん紹介で同じ事を繰り返すのではなく、少しづつネェさんの人となりを紹介するのが凄くいいです
良くあるのが毎回同じ紹介だけど、ネェさんが弟君を大切に思っている所や、深窓の令嬢風など想像をかきたてますね♪

水子は大丈夫だったのかな?((* ´艸`))?
色々なネェさん楽しみです♪