朱鞠内湖 続編 Ver andy兄「手」

中編6
  • 表示切替
  • 使い方

朱鞠内湖 続編 Ver andy兄「手」

散々、書いてきたが私は廃墟が好きだ。

だが、それと同じくらい「釣り」が好きなのだ。

正確には「好きになった」と言った方が良いか・・・

私には2人の弟がいる。

2人共「釣り」が巧い。

メインは「フライフィッシング」になるのだがプロ級なのだ。

そんな2人の誘いを何度も断り続けていたのだが・・・

「老後に兄弟3人で釣り三昧するべ!」という彼等の言葉に、まんまと騙され釣りの世界へ足を踏み入れてしまったのだ。

ずっとやりたかった・・・

やりたかったのだが何にでも嵌ってしまう自分の性格を熟知しているからこそ断り続けていた。

今でこそ毎朝出掛けたりはしないが覚えたての頃は毎朝3時に起き近くの川へ虹鱒やアメマスを釣りに出掛けていた。

毎朝だ!

しかし北海道には冬が来る・・・

どの地域にも冬は来るが北海道の冬は寒く雪深い。

空気はしばれ、川も湖も氷に覆われ釣りにならない。

「いや~今日もしばれるねぇ~」は何も吾郎さんだけが使う言葉ではない。

道民全員の冬の朝の挨拶なのだ。

・・・・・・・・・・

すっかり釣りに魅せられてしまった私は、どうしても釣りがしたかった。

1月の北海道は連日マイナス20℃以下になる。

夜中にはザラにマイナス30℃を下回る。

一番下の弟に聞いてみた。

「この時期は何釣るの?」

「ワカサギだべ!」

「連れてって!」

てな具合で連れて行ってもらったのだが・・・

日中は遊漁料を徴収しに来るらしく、たかだか数百円をケチって夜釣りに行くことになった。

初めてのワカサギ釣り・・・

しかも夜釣りだ!

何か特別なことをしている様でウキウキだった。

旭川を21時に出発し富良野にある金山ダムに23時頃到着した。

それから機材をソリに積みダム湖の中央まで歩くこと15分・・・

気温はマイナス35℃・・・

鼻で息をすると鼻毛が凍り、くっ付く位のしばれだ。

「この辺でやるべ」弟が言った。

そして専用ドリルを組み立て氷に穴を開け始める。

「1人2穴として4穴でいいな」などと言っているがかなりの重労働に見える。

「兄貴、自分の穴開けろよ」

「・・・はい・・・」

思っていた以上の重労働・・・

「俺・・・初心者だから1穴でいいわ」・・・一つだけ開けた。

穴を真ん中にしてテントを張る。

アウトドア用のガソリンストーブを点けるとTシャツでもイイ位あったかい。

たまに換気をしないと大変なことになるのだが・・・

タバコを吸うときにライターの点きが悪くなったら換気の合図だ。

いよいよワカサギ釣りがスタートしたのだが夜釣りは氷に開けた穴からテント内のランタンの光が水中に漏れ、そこへワカサギが集まって来るらしい。

「陽が昇ったら遊魚料徴収に来るから暗い内に帰るぞ!」

「了解!」

面白い様に釣れた!

3時間で私が100尾、弟は300尾・・・

「兄貴は穴1つだからなぁ」

・・・なんて兄思いの言葉

ワカサギ釣り・・・ハマった・・・

次の日・・・

同僚にコノ話をした。

「彼女がやってみたいって言ってたから今度連れてって下さいよ」とのことなので休みの前夜に出発することにした。

道具が無いので弟に3人分の釣具を借りたのだが・・・

問題は「穴」である。

3人分・・・

最低3個だが私は2回目だし2個は使いたい。

弟に良い方法は無いか?と訪ねると・・・

朱鞠内湖なら日中アチコチでやってるから開いてる穴を使えるぞ!と教えてくれた。

後で知ったのだが・・・

日中が有料で夜間は無料な訳ではない。

夜間は釣ってはいけないらしい。

ワカサギ釣りの管理費は遊魚料と各市町村の経費で賄っている為、私達がやっていた行為は厳密に言うと密漁だった。

この場を借りてお詫びする。

「ごめんなさい」

さて、同僚とその彼女、私の3人は朱鞠内湖に向かった。

「午前0時前には着くな」

「そうですね!着いたらジンギスカンでもしましょう」

途中のスーパーで食材を買い準備万端だ。

23時半には現地到着。

穴を探す。

うまい具合に6個の穴が密集した場所を発見!

早速テントを張った。

外は寒い。

朱鞠内は道内でも有数の「しばれる」地区にある。

夜中は連日のマイナス30℃オーバーなのだ。

周りには何も無いので真っ暗だが夜釣りを楽しむテントが私達の他にも10張ばかりあったので心強かった。

唯一の心配と言えば若い女性がいたのでトイレだけだ。

彼女曰く・・・「大丈夫!その辺でスルからw」だそうで・・・一安心?

取り敢えずは腹ごしらえと言う事でストーブの上に鍋をセットしジンギスカンを始めた。

合間を見て私が全員分の仕掛けを作りセット!

同僚カップルはイチャイチャしながらビールを飲みジンギスカンを食べている。

「何か俺邪魔な様で・・・」と茶化してやった。

それにしても仲が良い。

一通り食べて仕掛けをそれぞれの穴に垂らした。

釣れる!

やっぱり面白い!

しかし・・・

釣れすぎて忙しい。

初めはそれぞれに2個の穴を使っていたが途中で1個ずつにした。

それでもシロートの私達には十分楽しめた・・・途中までは・・・

それぞれに100尾を越え少々中だるみに入った頃・・・

「・・・・・・・なの?」

「んあ?何か言った?」

「いいえ・・・」

気のせいかと思ったのだが・・・

暫くするとまた

「・・・・・・・なの?」「・・・・・い」

やっぱり聞こえる。

近所のテントからだろうと思った。

でも違った。

テント内の空気が濁る。

決して一酸化炭素のせいではない。

赤黒い濁りに見えた。

「こ、これはマズイ!」「テントから出て!」私が言った。

同僚は「友人宅にて・・・①」のKだったので何か霊的な問題が発生したのだろうと判った様ですぐに立ち上がった。

彼女の方と言えば「・・・なに?何がどうしたの?」てな感じで呆気に取られていた。

「早く!!!」私が言うと同時に使っていなかった穴から「手」が出た!

そして腕が伸び彼女の足を掴んだ!

もう一つの穴からも腕が伸びKの足を掴む!

厚さ80cm以上の氷だと言うのにニョキっと!

そして・・・

「シアワセナノ?」「ソンナノユルサナイ!!」

2人の足が引っ張られ穴の方へ引きずられた!

2人共恐怖のあまり声も出ない。

顔は引きつり今にも気が狂いそうな程だ。

今日は釣りだ!

私は数珠も塩も持ち合わせていない。

とっさに穴から出た2つの手首を掴み捻りあげた!

「悪霊退散!」とは言わないが除霊の佛紋を唱えながら。

「手」は2人の足から離れた。

離れた途端に皮膚が「どろ~」っと溶けて「ズルッ」と私の手から滑り落ちる。

そして・・・

穴の中へ消えていった・・・

私の手にヘドロ臭い皮膚の残骸だけが残った・・・

私は手を雪に擦り付けながら言った。

「帰ろっか!」

2人は頷く。

「ビビった?」

更に意地悪に聞いてみた。

Kは「なまらビビりましたよー!」とイイ

彼女はと言えば「オシッコしたかったから全部漏らしちゃったw」と言って笑っていた。

確かに笑うしかない状況か・・・

下半身が濡れた状態では凍えてしまうので2人は一足先に車に戻る様に言った。

氷点下35℃の中、1人での片付けはキツい。

ワカサギ釣りのことで頭の中が一杯になっていてココが最恐スポットであることをすっかり忘れていた。

雪の無い季節には何度と無く足を運んだ朱鞠内湖・・・

其の度に労働者や自殺者の霊を目撃していた。

今回、釣りをしたポイントは遠浅から急激に深くなる所で自殺者が溺れてしまうポイントでもあった。

聞こえてきた「声」から想像すると・・・

男女間の愛の縺れから自殺した女性の悲痛な叫びであったと推測される。

仲の良いカップルに嫉妬の念を抱いたのだろう。

片付けを終えソリを引き車に戻る。

初対面で失禁してしまった彼女は相当ショックだろうな・・・などと心配していたが・・・

そんな心配は不要だった!

スッポンポンになった下半身に、着ていたダウンジャケットを履いて余ったビールを飲みながら「オシッコ臭かったらご免チャイナw」などど言っていたから。。。

こんなノリの娘とKは、その後すぐに別れてしまった。

私はすごくサバサバしていてイイ娘だと思ったんだけど・・・

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,63415
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ありがとうございます。

初心者に解りやすく解説いただき、感謝です。

無暗に唱えないほうが良いのですね。

私の住んでいる所は京都なんです。京都といえばお寺も多いですし、歴史も深い町です。

そして、多くの血が流れています。 その霊達を静める為というか、供養の為に沢山お寺が建っている
のだと聞いた事があり、私も何か出来ればと思い聞いてみたのです。

お忙しい中 私の質問に答えて下さり本当にありがとうございました。

機会がありましたら、是非 京都に来て下さい。

一緒に心霊スポット、ではなく廃墟を訪ねてみたいです。

では またのお作品を楽しみにしています。

ヘビ女 様の質問への回答
般若心経とは!
と言う所から始めたいのですが、それを伝えるのは大変なので極々簡単に説明します。

「大般若波羅蜜多経」の中の要点を纏めたものが「般若心経」で「究極の悟り」を説いたものです。
霊で例えると・・・
迷える者、苦しむ者を「究極の悟り」により成仏させる経文ということになります。
これが悪き者となると成仏させる前にやらなければならないことがありますので違う経文です。
要はTPOに合わせて使い分けが必要ということです。

「般若心経」は万人が使える経文なので一般の方も簡単に使えます。
ただ唱えるだけでは駄目です。
意味を把握した上で唱えなければ効力はほぼありません。
全ての霊に使える訳ではありませんが何者かが判らない以上、試してみる価値はあると思います。

それと一応・・・
一般の方は、その他の経文は使わない方がいいです。
なぜなら霊界へ足を踏み入れることと等しいからです。

ヘビ女 様 答えになってますか? 

andy兄様
ご回答有難うございます。そう、「タウシュベツ」です。家屋ではないものの、廃墟という意味では相通ずるものがありますよね。

実際にはまだ見たことがないのですが、次回北海道に訪れる機会に恵まれたら訪問にチャレンジするてもりです。

北海道の地名はアイヌの言葉を日本語に置き換えたものと、この「タウシュベツ」の様にカタカナの表記のものもあったりと、実に意味深ですね。我々内地の人間にはあまり馴染みのないカタカナ地名(尤も、近年では市町村合併による新しい地名もありますが)が、何か言い表せない神秘さを感じさせてくれるのでしょうか。

長々とすみませんでした。

初めてコメントを書かせて頂きます。 andy兄のお話しをいつも楽しく読ませて頂いてます。自分には体験した事のない内容なので興味津々です。始めに必ず廃墟マニアを強調されるところが好きです。
一つ質問なんですが、霊には般若心経を唱えてあげると良いのでしょうか? 

摩利支天 様の質問への回答
多分アーチ橋のことだと思いますが・・・
朱鞠内湖にもございますが有名なのは「糠平湖」の「タウシュベツ橋梁」の方ですね。
ダムの水が引かないと見られませんのでプレミアムです。
残念なことにかなり侵食が進み橋に上がることは出来ませんが「時と共に朽ち果ててしまう儚さ」が「美しさ」ですから・・・
糠平には温泉もございますし他の鉄道遺産も沢山ございますので温泉にでも泊まってゆっくり探索なさったらいかがでしょうか。
お薦めです!

他コメントの下の方に乗せたので確認されてないかもしれないと思い再コメしておきます。

端美豆 様
お気遣いは不要ですよw
感じ方は人それぞれだと思います。
私の場合は自分の能力では対応出来ない霊の場合に何と言うか・・・
磁石のマイナスとマイナスを合わせた時の違和感みたいなモノを身体に感じます。
判りづらいですかね・・・^^;
これからもお褒めの言葉に恥じない様な投稿をしていこうと思いますので読んでみて下さいね。

いつも楽しみに拝見しています!
情景が浮かぶ様な…自分がその場にいるような表現力に毎回感服しております。
残念な事にまだ北海道はいったことがなく、またビックリする位の鈍感者で心霊スポットに行っても1人何事もなく帰って来る体たらくですが、例えば「ヤバイ!」と、感じる時はこの線を越えた途端に変わる感じなんでしょうか?
未知の世界でそんな事もあるのねぇ〜な感じで読んでいます(*≧∀≦)
作品に対する質問でも無いのでお忙しいでしょうから返信は不要ですw
また次の作品楽しみにしております!

皆さん「怖い」&コメントありがとうございます。
諸事情によりコメント返しをしていませんが今回は新着の1行を下さい。

正直なところ、こんなに反響があるとは思っていなかったのでビックリしています。
新着欄から各投稿者様の作品をイタズラに落としたくないので自分の作品を連続して投稿することは避けております。
今回は連休の為か自分の前作が早く新着欄から落ちたので投稿致しました。
本当に私ごときが、おこがましく書いて良いものか悩みましたが「欲求不満」様との約束ですので書かせて頂きました。
今後とも私の話を読んで頂けると嬉しいです。
本来であればコメントを頂いた1人1人に返答致したいのですが新着コメント欄が私のコメント返しで埋まってしまいます。
新着コメント欄はあくまでも作品に対する評価欄だと考えますので・・・
管理者様にも要望致しましたがSNS的な機能があればと思います。

摩利支天 様の質問への回答
多分アーチ橋のことだと思いますが・・・
朱鞠内湖にもございますが有名なのは「糠平湖」の「タウシュベツ橋梁」の方ですね。
ダムの水が引かないと見られませんのでプレミアムです。
残念なことにかなり侵食が進み橋に上がることは出来ませんが「時と共に朽ち果ててしまう儚さ」が「美しさ」ですから・・・
糠平には温泉もございますし他の鉄道遺産も沢山ございますので温泉にでも泊まってゆっくり探索なさったらいかがでしょうか。
お薦めです!

盛り上がってますね。ファンの一人として嬉しく思います。
今回のように、投稿者同士で呼びかけ合って一つの作品を作り上げるというのも面白いですね。
個人的にはandy兄さんと他の強い霊感をお持ちの投稿者さんとの対談みたいなものが実現したら面白いのになぁ、と思っています。

いやー。やっぱり素晴らしいですね。
ところで、湖に鉄道遺産の橋梁があるのって、何処でしたっけ?

リクエストにお応えいただき、ありがとうございます。
にしても、こんな短時間でここまで書いてくれるとは、凄い方だ!

andy兄にとっても朱鞠内湖は最恐スポットなんですね。湖は基本嫌な気しか感じないのですが、ワカサギ釣りはやめられないですね(笑)ただ一酸化炭素中毒だけは本当に注意しないといけませんけどね。

出ました!
Andy兄の得意技、読者リクエストに答えるandy兄さんはスゴいと思います。
昨日の話なのにもう完成度の高い作品が出来ているし怖いです。

赤煉瓦様 
雨竜第一ダムの殉職者慰霊塔の大きさは確かに亡くなった方の数に比例しているかもしれませんが自責の念の大きさにも比例しているのではないでしょうか。
まあ・・・
所詮コンクリートの塊・・・
「朱鞠内湖に愛をこめて」とは?!
どちらサイドからの言葉なのでしょうかね・・・

andy兄さん、朱鞠内湖はやっぱヤバいですね。
あの大きな慰霊塔は亡くなった方々の数に比例しているんでしょうかね?

北海道いろんな意味で怖いです。