中編2
  • 表示切替
  • 使い方

あめみやさん

「ねぇねぇ、あめみやさんって知ってる?」

nextpage

A組の教室に入ってくるなり、アヤコはそう叫んだ。

nextpage

「もう放課後だってのに……元気だねぇ、あんたは」

と、呆れた顔でミサキが答える。

nextpage

噂話が大好きなB組アヤコ。帰宅部である彼女は度々放課後の教室で友人とだべっていた。

特に新しい噂を仕入れた時は、まっさきに親友のミサキに話していた。

「あめみやさん」も、その噂の一つのようだ。

nextpage

「LINEで友達申請すると、あめみやさんご相談にのってくれるんだって」

「なにそれ、ボランティアってこと?」

「それがヤバいボランティアなんだよ」

アヤコはそっと声を潜め、楽しそうに囁いた。

nextpage

「D組の松崎分かる?」

「あーあのいじめられっこ?最近見ないね」

「あいつ、あめみやさんと友達らしいんだよね」

nextpage

「は?」

「で、木谷をどうやったら殺せるか相談してたらしいの」

「木谷って……先週電車に飛び降りた奴?」

「そう!」

nextpage

「は?まじで?」

「松崎、それで登校拒否ってんの。自分がお願いしたからだって」

「え、あいつのLINEは?」

「それがさー、警察に持って行ったらしいのよ、あいつ。でも、友達リストに無かったんだって」

nextpage

「うわー……どうする?葵があめみやさんと友達だったら」

「葵?」

「うちらが1年の時に遊んでた奴。うちら殺されんじゃね?」

nextpage

「アタシもー?ミサキの方がヤバかったじゃん。便器に突っ込ませるとか漫画かよ」

「は?アヤコだって菊だのネズミだの拾って来てたじゃん」

nextpage

「そうなんだ」

「でも、全然反応なかったよなぁ、あいつ。今どうしてんの?アヤコ知らないの?」

「シラネ。ミサキの方が家近いじゃん」

「私、用事があるから先帰るね」

「え、あぁバイバーイ」

「じゃねー」

nextpage

「ミサキ、今の友達?」

「え?アヤコが連れて来たんじゃん」

「知らないよ、え、嘘」

nextpage

低いバイブ音が、教室に響き渡る。

2人はカバンからスマートフォンを取り出した。

LINEの通知だった。

nextpage

『落下注意

あめみや』

Normal
閲覧数コメント怖い
8396
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

たまに似たようなサイトが摘発を受けたりしてますよね
そう言うサイトを使う人はどこからそんなサイトを見つけてくるんですかね・・・
恐ろしい事です↓

>LINE
私はやっていないですね。やりたくても一緒やる
友人が皆無なのでやりようがありませんけどね

イジメ、ダメ!(´Д` )

> Noin さん
LINE、Twitter、FaceBookなどなど、色々ありますよね。
SNSは顔が見えない分、どこか恐れを抱いているのかもしれませんね。
コメントありがとうございます。

>アイスクリームさん
御友人でしたか、それはそれは。
あめみやさんに、お心当たりのないことを祈っております。
コメントありがとうございます。

LINEですか····
私はやってないですが
LINEでの階段話は結構聞きますね。