短編2
  • 表示切替
  • 使い方

明晰夢

wallpaper:726

この話は、私が小学6年生の時に経験した話です。

わたしは、その日何も考えずベッドへもぐりこみ、5分もしないうちに

寝てしまいました。

nextpage

まさか、こんな不思議な夢を見ることになるなんて、考えてもいませんでした。

nextpage

いつの間にか私は、不思議な世界にきていました。

風景は私の住む町ですが、何かちがうなあ、と私は夢の中で思っていました。

nextpage

すると、ひとりの妖精(?)の男の子が現れていいました。

「一緒にお祭りにいこうよ!こっちこっち」

何かおかしいと感じつつも、わたしはそのままついていきました

nextpage

それからは普通に、夢を現実と思って行動していました。

nextpage

しかし、あるきっかけがもとで

私はこれは夢だと気付けました。

nextpage

手を合わせられないのです。

お祭りのフィナーレで、手を叩こうとするのですが

手が、途中までしか動かない。

私は感がさえていたのか、夢だと一発で気付きました。

nextpage

私が手を合わせようとふんばっていると

妖精の男の子はいいました。

「この夢を見ている限り、君の手はそこまでしか動かないんだよ」

私は怖くなり、ほっぺを何回も叩きました。

なぜか、手を合わす以外の事は出来たのです。

10回、20回、30回…

ペチッ、ペチッ…。

すると50回目くらいで私は目を覚ましました。

すごく長い、長い夢でした。

nextpage

しかし時計を見てみるとまだ夜10時。

ということは、1時間ほどしか寝ていなかったのです。

そのあとネットで調べると、これは明晰夢というらしいです。

愉快な内容の夢だったけど、男の子も怖くなかったけど

私はなぜか、この上なく怖く感じました。

Normal
閲覧数コメント怖い
3460
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ