短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ただの作り話しです

先日、高校の時の友人と飲む機会があった。その日、友人は大学で知り合ったという友人を連れてきた。「きっとお前と話が合うぞ!」なんて理由で、全く面識のないその人を連れて来たのだが、できれば前もって言ってほしかった。

その人は鉄道関係の職に就いてるとのことで、僕は前々から気になっていたことをその人に聞いてみた。皆さんも電車に乗っていて経験があるかもしれないが、

やけにブレーキの音がうるさい電車だ。

別に電車に詳しいってわけじゃないが、点検や整備なんかを必ずしている筈だから、車輪に問題があれば取り替えるなりなんなりすると思うのだが。

「実はあれって殆どが原因不明なんですよねぇ、でも、走行する分には全然問題ないからそのまま走ってるんです」

「へぇー、でもこんな時代に原因不明なんてことあるんですねぇ」

「あぁ、でも表向き原因不明なんですよ」

「表向き?」

「これ会社では結構有名な話なんですけどね…そういう問題がある電車って大抵人身事故で人轢いちゃってるんですよねぇ…」

「まじですか…」

「人身事故で人を轢くなんて、まぁ大抵は自殺ですからね。その人の怨念が電車に憑いて、あんなブレーキの音がするんだろうって…。言われてみれば、まるで人の悲痛な叫び声みたいに聞こえますもんねぇ」

「………」

「なんて冗談ですよ!きっと雨とかで鉄の擦れる音がいつもより甲高く聞こえるだけですよ!」

その人は笑いながらそう言った。

結局どこまでが冗談なのか…詳しいことは教えてもらえなかった。

Normal
閲覧数コメント怖い
3560
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ