中編2
  • 表示切替
  • 使い方

お地蔵さん

ほぼ毎日通る道、線路のそばに数体のお地蔵さんが祀ってある

その目の前、道を一本挟んだ所に、廃れてボロボロの運送屋がある

そこの入口にも、とても小さなお地蔵さんがいる

nextpage

とても近接した距離に配置されてるので、どちらのお地蔵さんが願いを叶えてくれてるのか分からないが

お願い事をよく叶えてくれる(気がする)

nextpage

ほんと些細な事だけど『ちょびっとお金くれー』とか

『ちょびっと良いこと起これー』とか願うと

けっこうすぐ少額のお金が入ってきたり、嫌な人に出会わず、良い人と接する事が出来たりで

思い込みかもだけど、お地蔵さんのおかげかしら?と思うような事が多々ある

時折感謝の意味も込めて、お地蔵さんに御供え物をしたりもする

nextpage

で、余りにも私利私欲に走ったお願いをしてしまった次の日

重い風邪をひいてしまった

nextpage

耳が聴こえず、お陰で頭がボーっとし身体全部がダルく

喉が痛すぎて、滅多に泣かない私だが、泣きそうになっていた

それでも子供の面倒は見なくてはならないので、買い物に行ったりする際に

『すいませんでした、調子ぶっこきました』とお地蔵さんに謝罪したりしてた

nextpage

それでも耳だけが治らず、詰まった感じで音が聴こえにくく

常に低い『ゥオーーーン』といった耳鳴りが鳴っている感覚で、ほとほと困っていた

喉やその他の症状はほぼ、治まっていただけに耳の症状は

鬱陶しい事この上無かった

nextpage

二女と買い物帰り、二女が運送屋そばのお地蔵さんを見て

『かみさま、かみさま』と言う

nextpage

いつも見てるくせにいきなりなんだ?と思いつつも

『ここの神様は良い神様だから怖くないよね』と応えたその瞬間

耳がパカッと音をたて、通じるようになった

nextpage

ほんと言ったその瞬間に通じた

nextpage

かなりビビったが、耳が通じた時の清々しさったら・・・

やはり健康って素晴らしいと切に感じた

そして同時に、私利私欲に走ったお願いをした自分を恥じもした

『近所にTSUTAYAできますよーに』って調子こいた私に

戒めを与えてくださったんですよね、分かります

nextpage

今日、感謝の御供え物をしたいと思う

Normal
閲覧数コメント怖い
8961
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

なんかイイ話でしたねえ。
「調子ぶっこきました」って、それ謝ってへん謝ってへん(笑)
まあ、風邪のせいで鼻炎症状から中耳炎みたいになる事もあるし、
止まない耳鳴りは厄介でしたね。
だけど、いきなり「パカッ」って治るというのは、やっぱりお地蔵さんの御力だったんでしょうかね。

お地蔵さんは、56億7000万年後(どんだけ先やねん!)に弥勒菩薩が現れるまで、現世で衆生を守ってくださる菩薩様ですが、子供の守り神でもあります。
例えば、親より先に死んだりして賽の河原で迷っている子供の魂を救って、極楽に連れて行ってくれたりとか。
なので、娘さんが「かみさま」と讃え、坂東英土さんが「良い神様だよね」と応えたので、きっと気を良くされたのかもしれませんね。

いやあ、なんかイイ話でした。別に怖くなかったけど、応援的意味合いでぽちっと。
近所にツタヤ出来るといいですね(笑)