短編1
  • 表示切替
  • 使い方

私の存在

wallpaper:214

「おはよう。」

「……」

「……」

「ねぇ~昨日のテレビ観た?面白かったね♪」

「……」

「……」

nextpage

いつからだろう…私は虐められている。皆が無視するの…親友の薫も美弥も…

正直辛い…私が一体何したっていうの…

nextpage

wallpaper:228

「ただいま。」

「恵……」

またお母さんが泣いてる…お父さんが険しい顔してる…夫婦喧嘩を見るのも何度目だろう…

私が虐められているせいなのかな…

nextpage

wallpaper:139

私は足早に部屋へと入った…

nextpage

「お姉ちゃ~ん」

私には年の離れた5歳の弟がいる。

「浩介…遊ぼっか!」

「うん♪」

「何して遊ぼっか?」

「ぅ~んとね~♪…お絵描き!」

「OK♪じゃぁ~何書く?」

「僕ね僕ねぇ~お電車が良い!」

「じゃあ~お姉ちゃんが格好いい電車書いてあげるね♪」

「うん♪やった~♪」

nextpage

私は弟が大好きだ…可愛くて人懐っこい…こうして遊んでいると、虐められている事など忘れてしまう程癒される。

nextpage

「ねぇ…お姉ちゃん…」

「なぁに?浩介…」

「どぉして…お父さんは難しいお顔してるの?」

「ん~…大人にはね…色々有るんだよ…」

「ふぅ~ん…じゃあ、お母さんは…どぉして毎日泣いてるの?」

………

………

………

nextpage

wallpaper:1

shake

「お姉ちゃんが…死んじゃったから?」

Normal
閲覧数コメント怖い
4200
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ