中編4
  • 表示切替
  • 使い方

兄の風邪

此れは、僕が高校二年生の時の話だ。

nextpage

・・・・・・・・・。

木葉さんが風邪を引いた。

原因は苦手な煙草を吸って、喉を痛めたから。

どうして苦手な煙草を吸ったのかというと、其れは僕が持ち込んだ厄介事を処理する為。

つまり、兄が体調を崩してしまったのは、先日のウタバコの一件・・・言い換えると、僕と齋藤の所為なのだ。

罪悪感で一杯である。

故に僕は、烏瓜さんから連絡を受けた其の日の内に、木葉さんの御見舞いに行くことを決意したのだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

さて、放課後。

木葉さんの家に着くと、門の扉が開けっ放しになっていた。

普段から鍵は掛けられていないのだが、何となく不用心な気がする。

頭の中に一瞬だけ嫌な想像が過った。

少し急いで門を潜る。

僕はきちんと扉を閉めて、木葉さんの部屋へと向かった。

nextpage

・・・・・・・・・。

敷かれた布団の上で、木葉さんは当に苦悶といえる表情をしていた。

ぎぃー・・・ぎぃー・・・ と謎の呻き声まで上げている。きっと悪夢に魘されているのだろう。

「兄さん、大丈夫ですか?」

「ぎぃー・・・ぎぎぎぎ。」

駄目だ話にならない。

病人に手荒な真似はしたくないが、こんなに苦しそうなのだから、此処は仕方あるまい。

「兄さん、起きてください。」

肩の辺りを持ち、ゆっくりと揺する。

「ぎぃ」

「其れは返事なんですか?兄さんってば。」

「ぎぎぎー・・・。ぎ。・・・・・ん。ん?」

突然木葉さんの目が開いた。

「・・・木芽。どうしたんですか平日に。明日は学校でしょう。」

声に疲れが出ている。益々申し訳ない。

「いえ、あの、烏瓜さんが教えてくれて、御見舞いに・・・。」

「あの馬鹿猿め。よりにもよって木芽に教えること無いじゃないですか。格好悪い。」

「でも、今回、兄さんが体調を崩した責任は、僕にあるんですし・・・。」

「別に今回の件は木芽の所為じゃないです。単なる私の不摂生が原因ですから。」

「だとしても、兄さんは実質独り暮らしでしょう。連絡は有り難かったです。風邪の看病くらいなら、僕でも出来ますし。」

布団の上で憤る木葉さんを宥めながら、買ってきたスポーツドリンクを手渡す。

「食事、摂れるようなら何か作ります。お粥とかうどんなら食べられますか?」

ペットボトルの蓋を開けながら、木葉さんは少し拗ねたような顔で頷いた。

「・・・・・・卵粥なら。」

nextpage

・・・・・・・・・。

出来た卵粥をモソモソと食べながら、不意に顔を上げ、木葉さんは言った。

「・・・あ、そうだ。今思い出しました。木芽。アルバイトをしませんか?」

「アルバイト?」

僕が聞き返すと、ゆっくりと頷く。

そして、何処か恥ずかしそうにポリポリと頬を掻いた。

「実は、仕事の途中で倒れてしまったので、引き継ぎを御願いしたいんです。あとは、依頼された物を運ぶだけですし、今更になって他の業者に渡すのも何だか癪で。」

「あ、それなら別にバイトとかじゃなくて、普通に手伝いますよ。」

元々、僕が邪魔をしたようなものだから。とは、口に出しては言わないけれど。

実際そうなのだから、せめてもの償いだ。

そんなことを考えていると、見透かしたように木葉さんは言った。

「駄目ですよ。ちゃんと、其処はハッキリさせておかないと。木芽には御両親だってあるんですし。リスクだって無い訳ではないんですから。勿論、危険な仕事はさせませんが。」

コホッ、と小さく咳をして、微かに笑う。

・・・そういえば、木葉さんの両親は、もう亡くなっているのだった。

少しだけ距離を感じた気がして、目を伏せる。

木葉さんが、僕の表情が曇るのが分かったのだろう、あくまでも軽い調子で付け足した。

「甘えてばかりでは、兄の威厳も形無しですからね。格好悪いじゃないですか。」

病人に気を遣わせちゃ、いけないな。

僕は、笑顔を作って軽く首を振って見せた。

木葉さんが笑いながらもう一度言う。

「バイト、御願い出来ますか?」

僕は、今度はゆっくりと頷いてみせた。

nextpage

・・・・・・・・・。

先程までの弱り方が嘘のように、木葉さんはテキパキと指示を出した。

「運んで欲しい荷物は、あの机の上にある包みです。ほら、あの紫色の。重くはないので安心してください。風呂敷ごと渡してしまって構いません。あ、タイムリミットは明日の夜七時までなので、明日の学校帰り、渡しますね。電車代は後でちゃんと請求してください。配達場所は隣に紙を書いておきました。地図の読み方は分かるでしょう?御客様に話す内容は其の横の紙。ちゃんと覚えて、粗相の無いように。嗚呼、あと一応、弟としての挨拶もしてくださいね。・・・あ、そうそう。代金は口座に振り込んで頂くよう、先に頼んでおきましたから、木芽は配達するだけで大丈夫ですよ。」

「・・・・・・・・・。」

「どうかしました?」

兄がニコリと微笑む。

用意周到すぎて、寧ろ、此れは・・・

「兄さん、もしかして初めから其のつもりで」

「何のことやら。」

朗らかに笑う兄を見て、僕は、やはり此の人には敵いそうにない・・・と思った。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6778
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

まっしろさんへ
コメントありがとうございます

そう・・・ですね。恐らく。
兄は一体、僕に何をさせたかったのやら・・・。
取り敢えず悪意は隠っていないでしょうが、謎です。

はい。
強いて言うなら、隈取りよりは舞妓さんの其れに近い感じです。彼処まで主張は強くありませんが。
海外の女優さんとかで、アイメイクが凄い人って居ますよね?あの上まぶたのラインの部分だけを赤くしたような感じ・・・と言えば、イメージしやすいでしょうか。
分かりづらい説明、申し訳御座いません。

今回のお話は「木芽」としての初の一人仕事になるのでしょうか。
木葉さんの準備の万全さに、mamiさんの「初めてのおつかい」の言葉がしっくりきてしまいました。(笑)

また懲りずに質問なのですが、木葉さんがお仕事の時に顔に引く紅について、どこにどのように引くのか知りたいと思っていました。
(紅を引いた顔について調べたら「舞妓さん」や「隈取り」画像がヒットしてしまい、でもそんなまさか…と悶々しておりました…)
差し支えなければ教えて頂けると嬉しいです。。

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

示し合わせて・・・。
有り得ないことではないですね。・・・あの二人が仲良しどうかは別として。

あの時も、僕が行くまでは、なんだかんだで烏瓜さんが看病してたみたいですしね。
何なんでしょうね。本当に。

ええ。結構ヒヤッとしました。
ネタバレになってしまうので、あまり書けませんが。

初めてのおつかい・・・。
まぁ、慣れてないことでしたし、そんな感じも否めなかったと思います(笑)

僕の所も結構関係無い場所だったんですが、何となく気になってしまったので。

把握しました。
僕の住んでる所は有名な物が此れと言って無いので、名物があるというのは羨ましいばかりです。

裂久夜さんへ
コメントありがとうございます。

皆様のおかげで、無事完結致しました。

お付き合いいただけるのなら、タグを繋いでおきますので、御手数ではあると思いますが、ダラダラ子、で検索をして頂けますか?

みぃねこさんへ
コメントありがとうございます。

あ、はい。そうです。因みに
コンソメ=コンちゃん=木芽=野葡萄=紺野です。
分かりにくいですね。
申し訳ないです。

木葉さん、さすがです。
実は、烏瓜さんとは仲良しで示し合わせたことではないかと思えますね。(*'▽'*)
そんな、微妙な距離感のお二人も好きです。
お話しになるくらいだから、何事もなく無事に…とはいかなかったのかな?
『初めてのおつかい』みたいですね。

前回は、地震のご心配、ありがとうございました。
震源地とは全然関係ない所に住んでおりますが、ご心配いただいたこと、涙が出そうに嬉しかったです(T^T)

因みに、私は豚骨ラーメンやモツ鍋で有名な所に住んでおります(^_^)ゞ

すみません…

ダラダラ子の話しは、どうなりますか(^_^;)?

表示
ネタバレ注意