中編2
  • 表示切替
  • 使い方

子どものころ

子ども

nextpage

その存在には、不思議な力があると私は思う。

nextpage

まだ、この世界に産み落とされてわずかな

彼らは、純粋で無知だ。

その純粋さが、恐ろしい現象を呼びつけるのか。

nextpage

『子どものころ』

nextpage

私は、最近、『みえる』気がする。

小学校で一度、そのようなものを見た気がするが、

記憶の中のその映像は、おぼろで確かなのかは

分からない。

だが、中学に進学して最後の年。

学校の廊下の端に、うずくまってる者が見えたり

黒電話のような音が聞こえたり、するようになった。

nextpage

最初は、見間違いか。と、気にも留めていなかったが 毎日 必ず 同じ場所 で見るので

そういった説明もつかなくなってしまった。

不安になった私は、母にこのことを相談した。

nextpage

母も、私のような体験をしたことがあるらしく

私の話を聞いても、あまり驚いた様子を見せなかった。

『でも、あんた達ちっちゃい頃はそういうのあったからねぇ』

母が言う あんた達 とは、私と年の離れた二人の姉のことである。

『ちっちゃい頃?なんかあったん?』私は、母に

問いただした。

『うん。あんたと樹羅は(次女)は、入院すると必ず何かに怯えてたし。

穂花は(長女)は取り憑かれたこともあんだよ。』

『は!?真面目に?』

私は、驚きを隠せなかった。

『うん。多分。』

母は、その事件を話してくれた。

nextpage

穂花が、2歳半ぐらいの時の話。

穂花が突然、高熱を出した。

母が、慌てて病院に行く準備をしていたら、

穂波が、『いやだぁぁぁあ!!』と声をあげた。

母が、急いで穂花の元に行くと

体をうずくまらせ、自分の足元を指さしながら

嫌だ と叫んでいた。

『何?何が嫌なの!?』と、母が聞いてもしきりに

『いやだぁぁぁあ!!』というばかりだった。

何を思ったのか、穂花が恐る恐る足を伸ばした。

その途端

nextpage

shake

『触ったぁぁぁあ!!』

何者かが、穂花の足に触ったと言う。

恐ろしくなった母は祖母に電話をかけ、

事情を説明し、祖母の家まで車を走らせた。

その道中、車の目の前を犬のような黒い影が

ものすごいスピードで横切った。

とても奇妙なものだったという。

すると見るみる間に、穂花の熱が下がっていった。

穂波が、足元に見えていたものは、目のギョロっとした黒く恐ろしいものだったという。

nextpage

このような話を聞き、そういうものは確かに存在するのだろうと思った。

私が見えているものも、きっと同じようなものなのだろう。

子どもだからこそ見えるもの。

子どもだからこそ感じるもの。

子どもの純粋な心が呼び寄せるのか。

どんな人間もはじめは純粋で無知だ。

もしかしたら、そのような出来事は

誰しもが経験しているのではないだろうか。

nextpage

純粋な子どものころに。

END

Normal
閲覧数コメント怖い
3320
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ