中編4
  • 表示切替
  • 使い方

出逢いの話・1

他人には見えなくて、自分には見える物がある。

そのことに気付いたのは、自分が小学校に入学してからだった。

身体中傷だらけで、片足の無い女の人。

フラフラと目の前を通った彼女を見て、自分は友人に「女の人、痛そうだね。」と言ったのだ。

帰って来た返事は「え?何処?」だった。

見逃したのだろうと思い、道の反対側に移っていた彼女を指差すと、もう一度「何処?」と言われた。

「女の人なんて、何処にも居ないじゃん。」

からかっているようには見えなかった。

どうやら、本当に見えていないらしい。

「・・・ごめん、何でもない。」

それから、俺は、自分が見た物を他人に話さないようになった。

nextpage

~~~

そんな一年生時代から早三年。

見えない物が見えても、聞こえない物が聞こえても、嗅げない物が匂っても、頑張れば結構何とかなるもので、俺の小学生活はまぁまぁ充実していた。

ただ、如何せん自分の世界を共有する相手が居ないというのは退屈だし、両親も兄弟も友達も、皆、俺とは違う世界を見ているのだと思うと、少しだけ寂しくもあり、不安でもあった。

だってそうだろう?

特撮番組のようなあからさまな怪人や、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる魑魅魍魎は《当然》とでも言いたげな顔で存在しているのに、肝心の戦隊ヒーローや鬼太郎が居ないのだ。

出来るのは自衛のみ。頼れる人も居なければ、相談出来る相手も居ない。

町中の《出る所》を把握し、対処法を探し、見付け、尚且つ其れを誰にも悟られぬように実行していく・・・。

嗚呼、こんな魔法少女のような二重生活を余儀無くされているのは、何故なのだろう。何故に俺がこんな目に遭わなくてはならないのだ。責任者出て来い。

・・・まぁ、そんなことを愚痴った所で助けは無いし、現状は何も変わらないのだが。

nextpage

~~~

其の日、俺は近所のスーパーに買い出しに向かっていた。カレーに入れる玉ねぎが無かったのだ。

父曰く「残ったお金でコロ○ロ買っていいから。」

後は森の横の道を抜ければ、もうスーパーは直ぐ其処だ。コロコ○を買って、其れでもお金が余ったら何を買おう。多分百円以上は残る筈だから・・・。

俺は少なからず胸をときめかせながら、小走りで道を進んでいた。

其の時だ。

nextpage

ガサッッ

と音がして、突然、藪の中から何かが飛び出して来た。

・・・・・・何だ?!

咄嗟に身構えたが、よく見ると、其れはボロボロではあるのだが、普通の人間。

歳は・・・俺と同じ位か、少し下だろう。男子だが、学校では見たことがない。他校の生徒だろうか。キョロキョロと辺りを見回し、ホッと息を吐いている

不審だ。凄く不審だ。

「あ・・・!えっと・・・あの・・・!!」

少年が此方に気付き、慌てた様子で手をわちゃわちゃと動かし始めた。

「あの、その、此れは違くて・・・!!」

弁明をしたいのだろう。何が違うのかは分からないが。

此処で無視してスーパーに向かってもいいのだろうが、流石に其れは良心が痛む。

「・・・・・・どうしたの。」

棒読みだったかも知れないが、目の前の少年に質問してみた。彼が益々わちゃわちゃしながら口を開く。

「あの、実は、その・・・

nextpage

ガサッッ

shake

先程、彼が出て来た藪から、また何かが出て来た。

ヒョロリとした日傘の女の人。

「ひろくん、みーつけた。」

にたっと笑った顔には、目玉が無かった。

nextpage

~~~

《ひろくんのお母さん》は、近辺の小学生に噂されている、都市伝説のような存在だ。

目の前で息子を交通事故で失った女が、悲しみのあまり自分で自分の目をくり抜いた後に自殺。死んだ後も息子を探し求め、子供を息子と勘違いして連れて行こうとする・・・らしい。

成る程。あの少年は、こいつから逃げていたのか。

「ひろくん、かえろーぉ。かーえろーぉ。」

妙なイントネーションでヨタヨタと歩いて来る《ひろくんのお母さん》。

一方、少年を見ると地面にへたりこんでいる。腰でも抜かしたか。

俺は口を開き、大きな声で言った。

nextpage

「トラック呼ぶぞ、トラック呼ぶぞ、トラック呼ぶぞ。」

一言目で硬直、二言目で此方を向き、そして三言目。《ひろくんのお母さん》は、耳障りな金切り声を上げて逃げて行った。

驚きの表情で俺を見上げる少年。

「・・・ひろくんがトラックで轢かれたから、こう言うと逃げるんだと。」

俺がそう言うと、彼は無言でコクコクと頷き、一言

「見えるんですか?」

と聞いて来た。

「見えるよ。」

そう答えると、呆気にとられたような顔が一気に輝く。

「追い払えるんだ・・・。凄いです。」

「いや、うん、まあ・・・。結構有名だし、呪文も伝わってるから。」

寧ろ、近所の小学生で知らない方が珍しい。何処の学校にだって出回っている話の筈なのに・・・。

・・・こいつ、何なんだろう。

nextpage

俺の心を見透かしたように、少年が頭を下げなから言った。

「あの、僕、木葉っていいます。」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,3017
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

(((٩(๏Д⊙`)۶)))ぎゃーーー
すみません、間違えてました
_| ̄|○

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

そういう家柄なのだそうですが、ご両親は普通に仕事をしてたそうです。
あ、木葉さんは紫月花夜さんが仰っていたような感じで合ってますよ。

ええ(笑)
相手が相手なのでレアですが、其処はあまり変わってませんよね。

そう言えば、猿兄もそんなこと言ってました。
似てるとか何とか・・・。

あと、申し訳ない。恐らくのり塩ではなく薄塩かと思われます。のり姉は僕ではなく木葉さん達と同年代ですから。

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

あれだけの付き合いなら、幼なじみと言って良いのでしょうか。一時期疎遠になっていたようですが。
僕も色々と驚かされました。主に木葉さんの態度とか・・・。

其れが・・・。
猿兄の話だけでは一向に要領を得ないのです。
疎遠になって帰って来たら、いきなりああなっていたと・・・。何があったんでしょうね。

続き、書きました。随分と短い話になってしまいましたが・・・。
宜しければ、お付き合いください。

YUKA Hosakaさんへ
コメントありがとうございます。

御待たせ致しました。

感想ボタンの細分化ですか。
確かにそうだったら分かりやすそうですよね。

先ず写メ自体存在しているかどうか・・・。
写真自体が数えるほどしかないそうなんです。
少しだけどんな反応をすればいいのか、困ってしまいました。
的外れなことを書いていたとしたら、御免なさい。

天候より店長とのり姉と変態に負けそうです・・・。
暑くなると可笑しな人が増えるのは本当のようです。
幸加さんも、不審者にはどうぞお気を付けて。

表示
ネタバレ注意

たまらん…常々念願だったこのお二人の出逢い…
そんなに、古くからの付き合いだったのですね。
仲悪くなった理由も知りたい…おっと、また欲を出してしまいました。
このお二人の出逢いが読めるなんて…よだれものです…

続き、もちろん楽しみにしています。

表示
ネタバレ注意