中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ある日の電車から

wallpaper:640

これは、ほんの数日前にあったことです。

sound:6

その日は朝から雨が降っていました。

私は高校生で、高校までは電車で通っていたのですが、雨のせいかいつもより少し乗客が多かったように思います。

wallpaper:166

そのため、いつもならギリギリ座れるのですが、その日は座ることができず、仕方なくドアの近くに立っていました。

しばらく、電車に揺られながら、ぼんやりと窓の外を見ていました。

nextpage

あの〜

その声とともに、肩を叩かれました。

私はぼーっとしていましたから、突然話しかけられて、思わずピクッとなってしまいました。

nextpage

その人はOL風の綺麗な女の人でした。

私は少しホッとして、「何ですか?」と聞きました。

すると、その人は「どうぞ」と言って、ちょうど一人座れるスペースの空いている座席を指差しています。

ああ、席を譲られてるんだなって思いました。

ですが、私は高校生で、席を譲られるほど体調の悪い状態でもありません。

だから、すごく不思議に思ったし、なんだかからかわれているような気がして少し腹も立ちました。

nextpage

だから、私は「ありがとうございます。でも、大丈夫です。」と答えました。

すると、その女の人はまた「どうぞ」と言うんです。

なんとなくその顔が少し歪んでいるように見えました。

私はなんだか気味が悪くなって、「大丈夫ですから」とだけ言って、その車両から急ぎ足で離れました。

nextpage

隣の車両に移った私はちょうど空いている席を見つけたので、そこに座りました。

そして、さっきいた車両の方を見ると、女の人が指差した空いていたはずの席に誰かが座っています。

車両の間の窓越しなので、はっきりとは見えませんが、男の人のように見えます。

私が隣の車両に移るまでの間に駅には止まっていませんが、立っていた人のうちの誰かが座ったのだろうと思いました。

nextpage

私は隣の車両の座席で、寝てしまっていました。

ハッと目が覚めると、ちょうど目的の駅でした。

wallpaper:640

私は慌ててホームに降りました。

そして、改札口まで歩いていた時です。

ふと、さっきのことを思い出して、電車の中に目を向けました。

ちょうど女の人が譲ろうとした席のあたりです。

nextpage

私はハッとしました。

そこに座っていたのは、確かに男の人でした。

が、その人の体の左半分が削ぎ落とされていたんです。

まるで電車で轢かれたかのように左半分がなくなり、内臓が断面から飛び出していました。

nextpage

私は急に怖くなり、急いで改札口に向かいました。

早く逃げなきゃ。

私の本能がそう言っています。

nextpage

雨のせいでしょうか。

改札口が混んでいます。

なかなか進まないことに苛立ち始めていました。

それに、電車もなかなか発車しません。

nextpage

早く

早く…

お願い、早く

nextpage

その時、背後からハイヒールの音が近づいていることに気付きました。

コツ、コツ、コツ…

嫌な予感がします。

nextpage

お願い、やめて…

私は必死でそうお願いしていました。

それでも、ハイヒールの音は近づいてきます。

コツ、コツ、コツ、コツ、コツ…

背後に嫌な気配がしました。

nextpage

私は覚悟しました。

あの男の人のように私もなるのかもしれない。

ふと、そんな気がしました。

nextpage

ですが、ハイヒールの音は私の横を通り過ぎていきました。

ハイヒールの音は、やはりあのOL風の女の人でした。

ただ、私の横を通り過ぎる時に、その人は私の耳元で囁きました。

次は座ってね。

nextpage

私はゾワッとしました。

それは体を貫くような寒気でした。

けれど、それ以上何もされず、私はいつものように高校に行きました。

nextpage

学校が終わり、その日の帰りも、私はその駅に行きました。

少し怖かったけれど、仕方のないことです。

電車でないと家に帰れませんから。

nextpage

wallpaper:259

sound:38

ちょうど電車が来るところでした。

遮断機は下りていますが、ギリギリ走れば間に合うかもしれない、そう思いました。

ですが、私が遮断機をくぐって踏切に入ろうとした一瞬先に、男の人が踏切に入っていきました。

nextpage

思わず、私は「あっ」と声を出してしまいました。

踏切に入っていったその後ろ姿に見覚えがあったからです。

その人は今朝の左半分のない男の人でした。

nextpage

その時、電車が来ました。

それは瞬きする間もないほどに短い間でした。

ガシャ

グチャ

キーーーーー

何かがぶつかる音と電車が止まる音の後に、悲鳴が聞こえてきました。

いえ、叫んでいたのは、私でした。

その男の人の血だらけの体が、私の目の前に飛んできたからです。

そして、その体は右半分だけでした。

ピクピク痙攣している男の人の目は、大きく見開かれ、こちらを見ているようでした。

nextpage

wallpaper:166

それから1週間が経ちました。

私はあれから電車に乗っていません。

いえ、乗れないのです。

だって、次に電車に乗った時には、あの席に座ることになるでしょうから。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,3022
17
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意