短編2
  • 表示切替
  • 使い方

家族思いのタクシー

深夜2時頃、あるタクシー会社に電話がかかってきた。

事務員が受話器を取った。

『ありがとうございます、〇〇交通の〇〇営業所です』

すると、電話の向こうから勢いよく、中年の男の声が聞こえてきた。

『あのっ!もしもし!運転手のAですけどっ!』

『ああ・・・Aさん。どうされましたか?』

『すみません、すみません・・・私、事故を起こしてしまいました!』

『事故ですか?』

『相手の車、ぐちゃぐちゃになっちゃいまして・・・・ああ・・・私、どうしたらいいか・・・』

『Aさん、落ち着いてください』

『うう・・・・・私、妻も子供もいますし・・・・・この仕事を辞めたくないんです・・・・・子供もまだ小さいのに・・・・』

Aさんは完全にパニック状態だ。事務員が優しく声をかける。

『Aさん、落ち着いてください、大丈夫ですから』

『うう・・・・・もしこの仕事を辞めたら、次の仕事が見つかるかどうか・・・・・子供もまだ小さいのに・・・・・妻も子供も、私が養っていかないといけないのに・・・・』

半泣きのAさんに、優しく声をかける事務員。

『大丈夫ですよ、大丈夫』

事務員は言った。

『Aさん、あなたの奥さんも子供さんも元気ですよ。 だから、安心して成仏してください』

『・・・・・・』

ガチャ、ツーツーツー。電話が切れた。

Aさんは数年前、深夜の事故で仕事中に亡くなっている。

今でも、年に数回、Aさんが事故を起こした時間に電話がかかってくるらしい。

Concrete
閲覧数コメント怖い
4,68918
28
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

きょうかさん
コメントありがとうございます!

返信

温かくなるような、切なくなるような、それでいて哀しいお話ですね。良かったです。

返信

紫月花夜さん
コメントありがとうございます!ですねー成仏できたないのは辛いですね...

返信

泣きそうになってしまいました~
成仏できるといいですね

返信
表示
ネタバレ注意
返信

ナニコレ、めちゃくちゃ面白いですね!
お手本のような怖い話!

返信

ナゾラ人さん

ですね・・・

返信

バケオさん

家族の元気な所を一目でも見れば成仏してくれるでしょう!

返信

りょうさん
書いてみて思ったより切なくなりました・・・

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

おはぎさん
死しても一家を担う...悔しく、そして重いですね...

返信

ちゃあちゃんさん
コメントありがとうございます!自分なりには短く刺さる物語できたとおもっております!

返信
表示
ネタバレ注意
返信

うん、
切なかった‥死して尚、遺された家族が心配なんですね‥父親ってそうなんだろうなぁ‥

返信

saxin88さん
一番とは有り難うございます!

返信

これはすごく良いですね…
大袈裟かもしれないですが
今まで読んだ中で
1番お気に入りかもしれません。

返信