中編3
  • 表示切替
  • 使い方

トンネル

music:1

私には3つ離れた妹がいる。

一人は血が繋がってる『明優音』。

そしてもう一人の『萌々香』。この子は親から酷い虐待を受け施設に入りそうになった時、私の母親が引き取った。

家も近く生まれた時から遊んでいる為特に違和感も無かった。

その上妹二人は大のオカルトマニア。

しかも何故か私を含め三人とも『視える』。怪異、怪奇、幽霊、バケモノ、、、色々な呼び方があるだろうがまぁなんでもいい。此の世のモノではないということだ。

オカルトなんかにはいっそ興味のない私が、何故一番色濃く視え、感じられるのか神様に1度問い質したいがそれはまた今度にしよう。

この話は私と妹の明優音が体験した話だ。

nextpage

8月30日。

夏休み最後の休日ということで、私は妹の明優音と肝試しをする事になった。

家から程近い心霊スポット、通称『赤子トンネル』に。

反響した足跡が何故か赤ん坊の鳴き声のように聞こえる為、その名前がついたらしい。

毎度思うがそのリサーチ力や行動力を別の方面に向けて頂きたい。

例えば勉学に。

nextpage

私のバイクに乗り、トンネルまで10分程。

竹林の傍にそのトンネルはあった。

なんの曰くも無くても夜通ることは避けたい雰囲気だ。

一応カメラを回そうということになり、妹に命じられるままスマホのムービーを起動した。

nextpage

外に石碑のようなものがあった。

それを私はムービーで、妹は写真で撮した。

その石碑には

『〇〇(地名)365号トンネル 全長1.5km』とだけ記してあった。

nextpage

カメラを回しながら二人で歩く。

その道すがら足を踏み鳴らしたり、手を叩いてみたが、赤ん坊の鳴き声のように聞こえるなんてコト。

全く無かった。

「こりゃハズレじゃな」

「つまらん。アイツ偽の情報流したな。締めたらんと」

アイツが誰かは知らないが同情する。

ネチネチと責められるだろうから。

nextpage

最後まで歩ききり、辺りを見渡してみたが何も起こらなかった。

出てきたら出てきたで迷惑だが、ここまで何も無いと少しガッカリだ。

クマの一つでも出てこないかなぁと思った。

その時、ガサガサと竹林が鳴った。

「キタ!」

嬉しそうに声をあげた。

私は内心先程の願いを後悔したがそれも要らぬものだった。

出てきたのが一匹の犬だっからだ。

しかも小型犬で首輪までしている。

それを見るとなんだかテンションが上がって、二人で競争するようにトンネルを抜けた。

nextpage

バイクに乗って家に帰り、その動画をもう一人の妹、萌々香に見せた。

動画だと何か写っているかもと思ったが、やはり何も写ってなかった。

やっぱりハズレだなと明優音と言っていると、萌々香が急いで動画を巻き戻した。

「どしたん?なんか写っとったぁ?」

「お前ら走ったりしとらんよな」

「当たり前じゃろ。走ってたら画面が揺れる」

「じゃあ見てみ。この石碑」

そこには何の変哲もない石碑がアップで写っていた。

何かが写り込んでいる様子もない。

「なんなんかはよ説明してぇな」

そう急かすと萌々香は説明し始めた。

nextpage

「この石碑には全長1.5kmって書かれとるじゃろ?人間の歩く早さは1km10分くらいじゃ。でもこの動画ではトンネル抜けるまで5分もない。」

きっと私の顔は青ざめていただろう。

だって。

明優音の顔も青ざめていたのだから。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5630
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ