短編2
  • 表示切替
  • 使い方

4匹目の猫

うちでは3匹の猫を飼っています

プライバシー保護のため

名前は伏せさせていただきます。

nextpage

夜3時頃のことです。

いつものように暖房の効いた

ふかふかのお布団がある私の部屋に

猫ちゃんたちが入ってきます。

真っ暗で暖かくてふかふか。

猫ちゃんたちにとっては理想の環境です。

散策が大好きな私の家の猫ちゃんたちは

六畳ほどの部屋を

楽しそうに散策しながら

エサとトイレのあるリビングに帰っていきます。

nextpage

私の枕元の近くに

少しだけ開いたドアがあります。

暗くて見えづらいのですが

猫が通るのは気配でわかります。

窓から漏れた光とiPhoneの光で

微かに見ることができます。

1匹目

2匹目

3匹目

と猫ちゃんが通過していきました。

少しだけ触りもしたので

覚えています。

猫ちゃんたちが部屋から出たので

眠りにつくために一旦部屋のドアを閉めました。

nextpage

そのあとです。

しばらくするとまだ部屋の中に猫がいました。開けて欲しそうにドアの前で

こちらを見ています。

暗闇でも猫のまんまるの目は光ります。

慣れているのでこれに関しては怖くありませんが、不気味だったのは

確かに3匹猫が通ったこと

その猫達を触った手触りの中に

子供の頭のようなものがあったこと

さっきから音楽を聴く音の中に

私の名前を呼ぶような声が聞こえること

特に二つ目は手に感触が残っていて

吐き気すらしてきました。

最近私の布団に多い

私のではない長めの髪。

もしかしたら

さっき触った子の髪かも知れません。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5050
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ